スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
春一番に寄せて
『嗚呼どうか懺悔をさせてくださいな。椎名林檎というやり方で』 禰子

小学3年から大学4年までの13年間、うちにいたリュウという名の犬が死んだのは生暖かい春の夜だった。
M教授の修行の場でもある祥福寺というお寺に先生に付き従ってゼミ生たちで座禅に行った日のことだ。明暗いお堂の中で、何も考えずにいることを考えてしまうという悪循環に陥りながら、朦朧としていた。
リュウはすこし前から腹水がたまり、歩くのも大儀なようで毎日テラスのタイルにあごを乗せてじっと一点を見ていた。出かけるときはいつも、「帰ってくるまで元気でいるんよ」と頭をなぜ、自転車で駅まで行く。
明暗いお堂の中央の空間に、だんだんと塊りが見えてきた。
赤い花と犬。
「リュウやんか」と朦朧と思う。「リュウやんか」
神戸から堺まで2時間の道のりのはずが、人身事故だったかポイント故障だったかで、1時間は遅れた。最寄り駅についたのは12時ごろだった、と思う。
自転車で坂を上りきったところに、父がいた。
自宅まではまだ、1キロほどある。
「どうしたん?迎えに来るなんて」携帯電話のまだない時のこと。
父は1時間以上、待っていたらしい。
「遅いから、心配でな」
そのとき、リュウのことはまったく頭になかった。
迎えになんて来たことのない父が、帰路途中で立っていたのに、さして不信に思わなかった。
町のお寺にさしかかったとき父が言った。
「リュウが死んだよ」
毎日、リュウが死ぬかもしれないとわかって過ごしていたはずなのに、
「リュウが死んだよ」と言われるまで頭の中から消え去っていた。
「リュウ、お寺に来たわ」

翌日、すこし前から探していた動物を弔ってくれるという寺の車が来て、
リュウは引き取られていった。
ペットの墓を持つという趣味は持ち合わせていたなかったが、せめて保健所に持っていくのは避けたい、との家族の思いだった。
車から降りてきた歯にヤニのついたごま塩頭の坊主は、粗大ゴミのようにダンボールを抱えて、ライトバンで去っていった。
しばらくして、法要のハガキがきて、幼稚園と小学生のいとこも連れて、電車でお寺へ行った。
「お寺」の坊主は、台所で競馬中継を見ながら煙草を咥えて、
「もうちょっとでおわりますさかい、そこで待っといてくれまっか」
と、私達にヤニ臭い背中を向け直して、競馬中継に向き直った。
「リュウはどこにいるんだろう、こんなところに連れてきた私達が悪かった」と思っても、とき既に競馬中継は終わって・・。
「さぁ、はじめまひょか」と読経が始まった。

お経は・・・良かったのだ。
「あのおじちゃん、リュウとお話ししてるんやろ?」
と、幼稚園のいとこが言ったのだから。

おぼえているのはごま塩頭と歯の色、いとこの言った言葉だけ。
声明(しょうみょう)を思い出そうとしても思い出せないのだ。
聖(日知利)だったのかもしれない、と思う。

『この庭の何処に弔う場所ありや 夜な夜な坊主のしゃぶる獣骨』 禰子
スポンサーサイト
【2007/02/15 00:25】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
専用車両
『オッサンが知らずに入(い)ればジョセイシャリョウジョセイシャリョウと押し出す電車』 禰子

先日、得意先の本社で打ち合わせのため、平日午後3時の地下鉄御堂筋線に乗った。通勤に使用してる某私鉄は、朝の8時過ぎまでの区間急行・急行に限り女性専用車両を設けているのだが、御堂筋線は「終日」らしい。
間違って入ってこられて、2~3駅過ぎ、やっと「??・・・。!!」と、立ち退かれたオジ様方、本当にご愁傷様でございました。
何故に「男性専用車両」はつくられないのであろうか?
あらぬ嫌疑をかけられたくない人、折口信夫のような人、・・・いろいろいるはず。女性に認められているのなら、男性にだって、男性だけで乗る権利があってよいのではないか!
・・・と私が声を大にするのもヘンなので黙っているが、絶対におかしい(ですよね?)。
・・・とかくいう私がおっちゃんリポートできるのは、女性車両に乗ってみたからでありまして・・・そこそこ乗り心地が良かったんです(笑)ハイ(^_^;)そのことは否定できないなんとも往生際の悪い禰子でございました。
あ、だから男性車両の必然性を訴えるべきは女性なのか・・・。

今日は通天閣に昇る予定が、あまりの観光客の多さ(40分待ち)に辟易して、「軍艦アパート」を見に行った。近日エントリ予定です。
【2007/02/13 01:00】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
直立不動は・・・
『特急の速さでたとえば人だけが直立不動で進んでる朝』 禰子

勤務地の最寄り駅周辺は区画整理の途中で、すこし離れたところからでも、電車の往来がよく見える。各駅停車の駅であるし、急行や特急が一番スピードを出す直線でもある。
こどものころ、「がんばれ元気」というアニメの主人公“元気”くんがボクシングの動体視力を訓練するために毎日毎日踏切横で電車の中の人を見分ける訓練をしているのに感心した小学生の私は、たまに駅に行くと「元気ごっこ」をした。いまだに電車を近くで見ると、誰かを探してしまいたくなる性癖がちょっぴり残ってしまっている自分に気づくのだった・・・。
【2007/02/08 22:41】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
短歌
『ロプノール淡水魚にはなれなくて地中に潜り海を探す日』 禰子

本当になんの脈絡もなくことばがつながってゆくときがある。
ロプノールなんて、小学生のときの国語の教科書に「さまよえる湖」が載っていたのと、NHKスペシャルで見たことくらいしかない。
だから、「それはあなたの言葉じゃありません!」と言われても、自信がない。それでも、脈絡にきづいていないだけで、本当はそういう言葉がでてくる用意がどこかにあった、とも思う。
「短歌」を始めたきっかけは、“やっぱり”「サラダ記念日」だった。大先輩に与謝野晶子がいるというのに、高校では短歌はまったくといっていいほど干されていた。それでも高校生(の私)にとって、やっぱりサラダ記念日は新鮮だった。前後して「ノルウェイの森」が流行って『今日の下血』が新聞の1面に毎日載って天安門で装甲車が踏み潰してベルリンの壁が壊されてそして大学生になった。
サラダ記念日を読んだ高校生の私は、その後2年ほど手帳に毎日一つずつ歌を書いた。ほとんど標語みたいな短歌だった、と思う。とりあえず57577にだけはなっていた、んだと思う。
その後ふらふらと行ったり来たりしながら、ずいぶん放って置いたけど、結局戻ってきてしまった。
言葉も人も容れ物にすぎないけれど、容れ物である、ということが尊いことだと思う。

十数年前の歌があった。今読むとずいぶんなことを言ってたもんだ。

『信じたいことなぞなくて五月晴れ 何も孕めずただ青い空』 (昔の)禰子

20070202003058.jpg

【2007/02/02 00:42】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。