短歌人 11月号
有機交流電燈ふたつ明滅の滅のたびごと綻(ほころ)びてゆく

十歳の吾は賛同しかねつつ惹かれた「い・け・な・いルージュマジック」

ベルリンもベンツもBで始まれどモンゴロイドのVの幻聴

粘菌のライフサイクル充ち足りて。人は不完全。人でよかつた。

通仙散(つうせんさん)於継(おつぎ)と加恵(かえ)が奪ひあひ盲ゐて残す華岡の家

峠から眺めるときに思ひ出す 女郎のあたしを殺めたをとこ

                               勺 禰子 (しゃく ねこ)

           saidaiji.jpg

【2008/10/29 23:06】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こころにのりて
話が逸れてしまいましたので、改めまして。

ももしきの大宮人は多かれど心に乗りて思ほゆる妹 (萬葉集六九一 大伴家持)

「こころにのりて」 という言葉にどきりとした。

『新潮日本古典集成 萬葉集一』 をみると、
「情(こころ)に乗りて」 とは 「こころにしっかりとくいこんで」 の意。
「のる」という言葉をいろいろと想像する。
漢字でもはやバラバラになってしまっているけど、
もともと 「のる」 という言葉にあった意味を考えたい。
「乗(ジョウ)」 とか 「載(サイ)」 とか 「宣(セン)」 とかじゃなくて
「のる」 がなんだったのか。
万葉仮名をぢっとみていると
漢字に騙されてしまっている認識が、ふっと溶けていくような時がある。
【2008/10/28 22:17】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
百礒城之
萬葉集六九一  大伴宿禰家持、娘子(おとめ)に贈る歌

ももしきの大宮人は多かれど心に乗りて思ほゆる妹

大宮仕えの女官はたくさんいるが、私の心をとらえて離さないのは、
そんな人よりもあなたです。




万葉仮名だと、

   百礒城之 大宮人者 雖多有 情尓乗而 所念妹

だったのが、

   もゝし起農大宮人は於保可連どこゝろ尓能利ておも本ゆるい毛

となると、ずいぶんやわらかくなる。

  昔、ヤンキーが好んで使って、ラッカーで学校の壁なんかに落書きしていた
  「愛裸舞優」(アイラブユー)。
  (そう、私は校内暴力が社会的現象になっていたころ小学校高学年
  だったので、すこしだけ疎外感を持って、その光景を眺めていた)
  これなんか、案外、万葉仮名を引き継いでいるのではないかと思うのですが・・・
  ヤンキー(大阪弁のイントネーションでお願いします;)社会には秩序がある。
  村社会を継承しているのは、明らかにヤンキーと思われ・・・
  本当は年代だけでなく、根本的にそういう社会からは疎外されていた、
  と今頃気がつく。

う、話が逸れました。

【2008/10/28 22:03】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
完走報告 (勺 禰子)
今年初めて題詠ブログに参加しました。
6月も半ばからの参加で、大丈夫か??
と思いつつ、なんとか目標を達成できました!
ヤッターっと久々に爽快感を味わっています。

題詠、という いにしえ からの手法を
ブログですすめる、
というのが、こんなにしっくりいくとは。
正直、最初は半信半疑でした。

そして、題詠、というのが、自分というものの限界はあるものの、
普段では使わなかったであろう言葉の領域へと
行動範囲を広げさせてくれる装置だということを実感しました。

終わるとちょっとさみしい感じ。
また、来年もよろしくお願いします。
どうも、ありがとうございました(^-^)/~~

勺 禰子 (しゃく ねこ)
【2008/10/21 21:51】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
100:おやすみ (勺 禰子)
もうなにもしんぱいせんでええんやと言われてるような「おやすみ」の声
【2008/10/21 21:38】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
099:勇 (勺 禰子)
木偶(でく)ならば木偶の勇気を人ならば人の勇気を夜は明けねど
【2008/10/21 21:32】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふーっ
題詠ブログ2008に参加したのが、6月15日。
ちょっと遅いめの出発でした。
今日でちょうど四ヶ月。
実は12月までにすればいいと思っていたところ、
先日、10月末だということを教えていただき、
中だるみしていたところにお尻をぺんっと叩かれたようで
ちょうどよかったのか、なんとか98まで来ました (^-^;
今回、目標に掲げたのは

「お題をみてから10分以内に詠む」
「題にあったストックがあっても使わない」
                         でした。
あーしんど。

でも、こんなペースでしんどい言うてたら、
井原西鶴に思いっきり笑われるでしょう (例の出し方がちょっとなぁ・・・)。
週末にPC環境が変わるので、繋がらなかったときのために、
なんとか金曜日までに100首詠を、と
またあと二首やと思って気ぃ抜きそう (苦笑)。

ikoma.jpg


【2008/10/15 22:50】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
098:地下 (勺 禰子)
地下水路流れゆくとき遠ざかる記憶をたぐり寄せながら、ゆく
【2008/10/15 22:22】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
097:訴 (勺 禰子)
「訴」といふは「逆方向に切り込みを入れる」と電子辞書のたまひき
【2008/10/15 22:13】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
096:複 (勺 禰子)
複写用カーボンをまだ使ってる職場に絶滅危惧種の多し
【2008/10/15 22:07】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
095:しっぽ (勺 禰子)
しっぽりと雨に塗りこめられながら折口信夫全集を読む
【2008/10/15 21:59】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
094:沈黙 (勺 禰子)
沈黙するわたしのこころを聴いてみることばにならない滝の音する
【2008/10/15 21:55】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
093:周 (勺 禰子)
周回遅れで生まれてきたけどいまここをまわる速度が同じならいい
【2008/10/15 21:47】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
092:生い立ち (勺 禰子)
保育士と保護者でつくる連絡帳「生い立ちの記」と名付けられたり
【2008/10/15 21:44】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
091:渇 (勺 禰子)
渇くとか充たされぬとかラディカルな一神教を遠巻きに観る
【2008/10/15 21:41】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
090:メダル (勺 禰子)
手作りの六個目のメダル首にかけ秋風を享けて走りゐるらむ
【2008/10/15 21:31】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
089:減 (勺 禰子)
減点法にはもう疲れました欠けてたら黙ってうめてほしかっただけ
【2008/10/15 00:28】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
088:錯 (勺 禰子)
なにごとでさえ錯覚と言い切れぬ私の強さは私の弱さ
【2008/10/15 00:13】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
087:天使 (勺 禰子)
省エネの深夜自販機にひそと灯る光はたとえば天使のささやき
【2008/10/15 00:05】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
086:恵 (勺 禰子)
山口百恵が見つけたようにそれぞれの居場所はきっと用意されてる
【2008/10/11 16:56】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
085:うがい (勺 禰子)
うつさないためにうがいをコロコロと風邪と捨つるべき心も漱ぐ
【2008/10/11 16:41】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
084:球 (勺 禰子)
長谷寺で拾いし「初瀬」白黒の猫肉球も斑なりけり
【2008/10/11 16:31】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
083:名古屋 (勺 禰子)
京都から乗り込んだ男と合流し名古屋で降りた前列の女
【2008/10/11 16:27】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
082:研 (勺 禰子)
研ナオコ変な名前と思いしがシャクネコよりは普通じゃないか?
【2008/10/10 23:33】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
081:嵐 (勺 禰子)
嵐が丘(ワザリングハイツ)とふ名の丘に棲む妖しのことを知っていた気が…
【2008/10/10 23:29】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
080:Lサイズ (勺 禰子)
Lサイズの卵は何故かまのびしているような気がして買えぬ夜
【2008/10/10 23:23】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
079:児 (勺 禰子)
その上の日曜の昼下がりいつも児玉清がアタック25
【2008/10/10 23:20】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
078:合図 (勺 禰子)
合図なんて来る瞬間までわからずに来たら気づかず走り出してた
【2008/10/10 23:14】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
077:横 (勺 禰子)
わたくしは右肩にかばん掛けるから思い出すのは右の横顔
【2008/10/10 23:12】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
076:ジャンプ (勺 禰子)
ジャンプ傘ぽんと開けば身に余る幅を憂いて朝あゆみ出す
【2008/10/10 22:54】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ