短歌人 2009年12月号
貪欲を貧欲と誤植せし誌面みつけ陥るマイナス思考

A駅とB駅べつだん格差なく夕日のみえる高さが違ふ

そのかみの私の几帳面な字が並ぶ西洋哲学ノート

O型ですが、何か?まさかそれだけで打たれづよいといふ確証を?

えび芋の煮つころがしのお品書き 好きで残業してるんぢやない

久保田早紀が哀しき声で歌ひをるこども達いまだ両手下ろせず

                          勺 禰子(しゃく・ねこ)

---
12月号到着。
題詠ブログのおかげで欠詠せずに済んだようなもの。
感謝、感謝。

その題詠ブログ2009、は
実際問題として11月30日までに完走はほぼ不可能。
明日も仕事だし、明後日も用事あるし
(12月詠草締め切りは5日も早いし)。
というわけで、12月以降も勝手に完走めざしてがんばることにしました。
だめだな、短歌に惜しみなく注がねばならないのに(何を?そりゃいろいろ)。。。

というわけで?早く寝なくっちゃ。
おやすみなさい。
【2009/11/28 01:17】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
059:済 (勺 禰子)
気が済むといふ、済む済まない不確かな気といふものの決める進捗
【2009/11/26 00:32】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
058:魔法 (勺 禰子)
勘違ひしてた魔法ぢやあるまいに最初に合はない鍵は合はない
【2009/11/23 02:01】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
057:縁 (勺 禰子)
縁(えにし)とや たまむすばれて肉体の滅びにまどはされぬためのもの
【2009/11/23 01:51】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
056:アドレス (勺 禰子)
「アドレス」ぢやなくて「新住所」がなじむ小さな家で、いつかはじめよう…
【2009/11/23 01:29】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
055:式 (勺 禰子)
始球式――たぶんあの高くて蒼い空に吸ひこまれて始まつた
【2009/11/23 01:14】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
054:首 (勺 禰子)
首塚を見た夏の日は嵐めき君とした二度の雨宿り
【2009/11/23 01:09】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
053:妊娠 (勺 禰子)
妊娠線がやさしくからだを伸ばしゆく をんなのかたちはいつでもかはる
【2009/11/23 01:02】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
052::縄 (勺 禰子)
導かれたるごと道にまよひ来れば注連縄めぐりて楠鎮まれり
【2009/11/23 00:47】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
051:言い訳 (勺 禰子)
言い訳のできぬことです神さまが強いたわけではないのですから
【2009/11/23 00:14】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
帰り道に
小橋(おばせ)北公園 はすかひに過(よ)ぎり公衆便所だけが明るい

八か月通ふ玉造の道もたぶん通過点と言へるだろ

大阪線高架の斜め下、瓦なみうつ通りは「愛染小路」

明日早朝すでに今宵とつながりて私を机上で待つ校正紙

---
といふわけで、即吟三分。

けふはじふろくじかんもはたらいてしもた。
日の出とほぼ同時に始業。
早朝の外気は気持ちがいい。でも、そのまま気がついたら夜中でした(笑)。
明日も同じやうな按配かなぁ。
といふわけで題詠してるばやいぢゃありません。

おやすみなさい。
【2009/11/18 23:58】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
折り返し地点
ふー、やっと折り返し地点の題詠ブログ2009

でもです、いよいよ締め切り間近。11月末です。
あと50首を2週間以内に詠まねばなりませぬ。
明日の仕事の佳境を終えれば、、、とにかく完走はしたい。

ここで少し説明。
題詠ブログ」は、歌人の五十嵐きよみさんが開設してくださっているブログ。
題は、年始に公募され、それを管理人の五十嵐さんが決定する。
参加者は自分のブログで参加表明して、それぞれ順番に題詠をこなす。
記事のUPは各自のブログで行い、
トラックバックという方法で、題詠ブログ本体のブログにも自分の歌がUPされる。
「題詠マラソン」から数えると既に7年目、らしい。
最初のころの様子は書籍化もされている。
あ゛!!!とここまで書いて思い出した!
すずぼん(あ、ブログで実名??ハンドルネームだからいい?すまぬ)!
本借りてたにゃ、わたし(汗)。
返してないですー。新年歌会で返しますー。
あーほんとにごめんなさい!

---
もひとつ恥さらしを・・・(^-^;

今年二度目の題詠ブログに参加表明したとき、
こんなことをのたもうた禰子。

どこがや(苦笑)。
けっきょく、じっくりどころか、昨年にひきつづき、
「お題をみてから10分以内に詠む!」もしくは、それのさらに上を行っているありさま。。。
ようさんUPしてる日の時間をみていただくと、
それを詠んだ時間が大体わかるというお粗末な按配です。

---
明日は早朝からの勤務につき、本日はこれにて閉店いたしますm(_ _)m

【2009/11/17 22:59】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
050:災 (勺 禰子)
災(わざは)ひと幸(さきは)ひは「はひ」同じうす 海やまのあはひのごとからむ
【2009/11/17 22:47】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
049:ソムリエ (勺 禰子)
「ソムリエはいらん呑ムリエならおるで」と言ひさうやと言へば、おこるかな(笑)
【2009/11/17 22:39】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
048:逢 (勺 禰子)
せはしなくけふは並んでエキナカの珈琲飲むのみ 逢ふといはずや
【2009/11/17 22:33】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
047:警 (勺 禰子)
警鐘はおそらく鳴つてゐるのだらう因果の三つ重なる夜更け
【2009/11/17 22:10】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
046:常識 (勺 禰子)
ありったけの常識、あっ、とも言わぬ間に力技にて覆されぬ
【2009/11/17 00:42】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
045:幕 (勺 禰子)
「柳原白蓮展」の幕なびく新緑の候、四条河原町
【2009/11/17 00:40】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
霜月 奈良
今日は仕事で午後から奈良。
家の中はひんやりしているので、今日も判断を誤った。
小春日和なのに黒のセーターでちょっと汗ばむ。

夕方、夕日に向かって移動。
奈良盆地からみる夕日はいつでも美しい。
けわしく大阪と奈良を隔てている山肌が急にやさしく見える。
昔の人はもっとうっとりと、また、畏れも抱きながら、
山々のむこうに落ちてゆく夕日を見送ったことだろう。

船橋商店街

行きの急行電車でのひとこま。以下四首。


雑音といふには耳に心地よく隣の翁は喋りつづける

駅ごとにその駅名の由来など連れの翁にたしかめてをり

石切を越え生駒越え奈良へ入るころに話題は神の御業(みわざ)に

ひとりびとり造作の違ふ不可思議を無邪気に語る翁、神か?

                                 禰子

ちょっとおちゃめな老人二人だった。

【2009/11/08 23:07】 | ディープ奈良 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
044:わさび (勺 禰子)
とりわさは何故にとりわさびといはぬ行方不明の「び」を思ひ食む
【2009/11/08 02:22】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
043:係 (勺 禰子)
「係り・掛り・懸り・繋り」が纏められ見出し語にあり、不信感増す。
【2009/11/08 02:20】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
042:クリック (勺 禰子)
なにゆゑのダブルクリック人類のクリック数を決めたのは誰
【2009/11/08 02:16】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
041:越 (勺 禰子)
十年間ピアノを教へにきてくれた越野先生はクリスチャン
【2009/11/08 02:12】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
040:すみれ(勺 禰子)
にほひたつにはのかたすみれんめんと金木犀は前世より降る
【2009/11/08 02:02】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
039:広 (勺 禰子)
賛否も是非もなく闘ひの連続を生きるほかなき野中広務は
【2009/11/08 01:59】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
038:→ (勺 禰子)
ぬる燗→珈琲 ヘンかもしれませぬけれど、わたしのフルコースともいひます
【2009/11/08 01:53】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
037:藤 (勺 禰子)
後付けの情念、なんかは置いといて 藤圭子の声を聴いてみよ
【2009/11/07 01:01】 | 「題詠blog2009」 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |