歩く ―西へ―
土曜日、久しぶりに歩いた。

久しぶりにちょっとだけいろんなことから解放されて、
昼前からゆっくりと、
豪華じゃなくても少し季節が感じられるものを、
味わいながら食べ、飲んで。
夕方になってから西に向かって歩き出した。
3駅分、自転車では何度か通ったことがあった場所や、
その先まで。
また少し大阪がつながってきた。
…と、あまりまとめてから書こうとすると、
また、そのまま流れてしまいそうなので、
とりあえず、ダイジェスト写真をアップして、と。
これで、アップした気にならないようにせなあかんなぁ。

SANY7906.jpg SANY7922.jpg
       SANY7930.jpg SANY7934.jpg
       SANY7938.jpg SANY7945.jpg
       SANY7947.jpg SANY7956.jpg
SANY7961.jpg SANY7966.jpg
SANY7975.jpg SANY7977.jpg
【2011/02/28 00:15】 | ディープ大阪 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
マクドで禅問答
夕方(というか、夜)、家で推敲(のさらに前の段階)に煮詰まってきたので、
マクドに脱出。徒歩5分に飲食店が多くあると、ついこういうことになりがちな日々。
(※マクドは関西省略形ですね、関東ではマックなのは一応は知つてをります。)

今日は出だしからちょっと変な感じだった。
ちょっとおなかもすいてたので、なんとかチキン(名前失念)を頼んで、
禰子「あと、ホットコーヒーください」
店員「ホットコーヒーはSサイズにしていただけますか?
禰子「??はい(最初からSのつもりだったんですけど?)」
店員「Sのほうが安くなるので。コーヒーはブラックでよろしいですか?
禰子「ええ(安くなるんならそんな聞き方せんといてくれる!?
   で、私はブラックなんですけど、最初からそういう聞き方するかー??
   と脳内にてツッコみつつ)」

でも、ま、どうでもいいので2階へ。
2階は日曜の夜にしては多く、6割ほど埋まっている。
シート席があいてないので、向かい合わせで2人座れる(つまり一番小さい)座席へ。
持参した「釈迢空歌集」と「釈迢空ノート」を広げて、
T賞応募の下書きも広げてとりあえず珈琲すする。

10分ちょっと経過。
さっきの「ちょっと?」な店員(たぶん新入りっぽい)が
一つ隣のおっちゃんに何か言っている。
?なんやろ?煙草でも吸ってたのかな?でも煙たくないし。
チラッとみたらおっちゃんはちょっと困った顔で「はぁ」とか言っている。

と、思ったら店員、私のところへ来た。

店員「お客様、たいへん申し訳ありませんが、
   読書は禁止ですので本を閉じていただけますか?
禰子「?????」
店員「ですから、読書は禁止ですので本を閉じてください
禰子「お話は承りましたが、マクドナルドが読書禁止とは聞いたことがありませんので、
   お話だけ承ります
店員「ですから申し訳ありませんが本を閉じて…」
禰子「マクドナルドはパソコン用のコンセント用意されてますよね?
   あれはどういうことですか?パソコンはよくって、読書はだめなの?」
店員 キョトン しばらくして
   「本来は飲食に集中していただかないといけないので、
   その方たちにもお願いしないといけないのですが」

禰子「では、何のためにパソコンの電源おいてあるの?」
店員 キョトン
禰子「では、お話している人たちはどうなの? 
   その人たちも飲食に集中していただくの?
   では、マクドナルドには一体お客さんは何を求めてくるの?
   ハンバーガー食べることに集中するために、お友達と入ってくるの?」
店員「ですから本来は…そのような決まりになっておりましてぇ…」
禰子「あなたに問い詰めてもしかたないんだけど、
   マクドナルドに一体みんなは何をしにくるのか、
   店長がいたら聞いてごらん。
   わたしはとりあえず、お話は承りましたが、まだ珈琲もいっぱい残っているし、
   さっき来たばかりでしょ?(だって、ついさっきあんたから買うたんやで)」
店員「はい、それはわかっています」
禰子「なので、わたしは珈琲を飲んでから帰りますから」

店員退却

しばらくののち

店員「先ほどは申し訳ありませんでした。読書もパソコンも大丈夫ですが、
   1時間ということでお願いします

禰子「(1時間について、この娘にいろいろ言うても仕方ないので)
   そう。さっきの話は、とっても混んでる時間に極端に長居するとか、
   困った人がいた場合だよね?
   今は席が埋まっているわけじゃないし、騒いでもないし、
   どうみても常識的な使い方してるのわかるよね?
   それと、飲食に集中するためにここにくるのか、もうちょっと自分で考えようね。」
店員「はい、すみませんでした」


って、わたし、何者?(笑)
ってか、マクドの存在意義ってなんなの?

でも、ちょっと面白かったです。
しかし。
これを目にしたマクドナルド関係者がいたら、ちゃんと答えてください。
東大阪市布施駅マクドナルドでの実際にあったお話です。
【2011/02/20 23:54】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
見つゝわらへり。
えらい雪だったが、だいたいやんだ(そしてだいたい溶けた)。
昼から、あれよあれよという間に雪景色に。
雪といえば、この歌しかないですね、やはり。


基督の 真はだかにして血の肌(ハダヘ) 見つゝわらへり。雪の中より
                              釈 迢空


日曜日は本町から中之島へ。
少彦名神社は薬の神さん。
船場の薬問屋街の中心にひっそりとある。
少彦名1
少彦名2

少し西へ行けば懐徳堂跡や適塾がある大阪の元中心地(ん、今もかな一応は)。
栴檀木橋を渡った先に中之島中央公会堂がある
(現・大阪市中央公会堂だけど、やっぱり中之島、とつけたくなる)。
公会堂は確か私が学生のころに再生か取り壊しか揉めていたような記憶がある。
今では市民の学習室として、また催し物、結婚式(パーティーだけ?)など、
実際に生きた利用のされかたをしている。
レストランもあって、手ごろな値段でオムライスや定食が食べられて、
なかなかいい感じ。
中之島倶楽部 公会堂階段1

東隣にある東洋陶磁美術館で「ルーシー・リー展」が最終日だったので、見に行く。
時代を先取りしていた陶芸家で、今見ても「新作」と思える器たち。
いつになく、混んでいた。
しかし「型」を見つけたとたん、それらは「倦む」ということもまた発見。
たくさんの器が展示されていたので、一つの「型」にたどり着くまでの逡巡みたいなものがたくさんの作品に顕れている時期があり、その作品群がスリリングで面白かった。その後一つの「ピシっと」した型に落ち着いていくのだが、様式というものの危うさというか、美しさというか、その変遷が見られて面白かった。
一個人が産む様式というのは、それがどうしても目についてしまう。「停滞」に見えてしまう。伝統工芸というのはたいてい、もっともっと練られて「倦む」ことも越えてしまったところにあるので、様式、であることさえも忘れてしまうようなところに美しさがあるのかもしれない。だからなかなかその美しさに気付かない、という面もあるのですが。

では、歌は?
これは自分で考えていかないといけないこと。

一昨年の水都祭のおかげ?で、中之島界隈はすっかりきれいになった。
むかしとちがーう、という人もあるかもしれないけれど、
水を身近に感じながら歩けるようになり、
大阪がずいぶんきれいになったように思う。
いや、絶対に昔よりきれいになってる、大阪の水。

むかしはよかった

とだけ言ってることが正しいとはいえないのである。

【2011/02/15 00:14】 | ディープ大阪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タハリール広場
タハリール広場に「市民のうねり」あるとニュース伝へし そのうねり思ふ

カイロ1 カイロ2

15年前行った広場に、
大きなうねりがあるという。
NHKのニュースで伝えられる政変の
主語は何度聞いても
「うねり」
だった。

「市民のうねりは予想以上です」

確かにうねりで伝わるものは大きい。
「うねりを打つ」「革命のうねり」など使う。

ニュースは繰り返す。
「市民のうねり【は】予想以上」

うねりで~が~した。
うねりが~を~した。
ではなく
うねりが~だ。

報道の目的はうねりを伝えること。
現場にいると「うねりが予想以上だから~した」ではなく、
うねりを伝えることが無意識に目的になったのかもしれない。


確かにカイロはうねりの街だ。
ナイルがうねり、
道路もうねり、
道路の上の車も人もうねる。

路地裏の地べたにパンを売っていたおじさんも、
油まみれのシャツで火を飲み込んでいた大道芸人の少年も、
民族衣装を着せながらセクハラしてきたオッサンも、
一泊500円の小さな宿の道を、
 道行く人に怒鳴りながら聞いて探してくれたタクシーの運ちゃんも、
一旦停止することないバスに走りながら乗降する勤め人も、
ピラミッドの前で待ち構えている怪しい二人組も、
砂嵐の中で絵葉書を売っているニコニコ顔の少年も、
50円のボールペンでも手渡せばこっそり撮影させてくれる
 エジプト考古学博物館の警備員も、
大阪弁で怒ったらなんか納得したらしいおっちゃんも、
歳の離れた弟とうれしそうにモスクに礼拝に来ていた美人のお姉さんも、
軍事博物館のムバラク氏の肖像画の前でたわむれていた猫たちも、
アズハルモスクで何十分も旋回し続けるスーフィーのダンサーたちも。

うねり

千日前あたりのうねりに近い。
大阪とカイロはちょっと似てる。

でも、うねっているものを、
「知っている」
と思ってはいけないと思う。

【2011/02/12 17:08】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
字余り時代
日曜日は短歌人関西歌会で京都へ。

関西歌会の今の方式は、自由詠をあらかじめ一首提出、
数日前に詠草集が送られてくる。
13時から16時まで3時間で今回は17首、15人が集った。

歌会にはいつも意識して「?」な歌を出すようにしているので、
点数はサッパリでも、賛否の否の方が若干(?)多くても、
なんとなく熱く語ってくれた人が多かったので、
これをもとに作り直してみたいと思う。

歌評というのはつくづく難しいと思う最近。
自分では自明のことで端折ってしまったり、
いや、実はわかってるような気になっているだけで、
さっぱり言語化できずに全然ちゃんと評ができていない、
と思うことが多い。。。

髪の毛もなんかこの一週間で急にパサついてきたし、
なんか調子わるいかも、わたし。
(いや、比較すべきところが微妙にずれていると思うが…)

16時からの研究会は久々の「短歌人誌を読む」
なぜか同人の人が多く、会員は3人しかいなくて、
私の2月号の詠草も俎板の上に…。

圧倒的に字余りが多いと言われてふと気づく。
たしかに多いかも。
それで今回の一連は、題詠ブログで締め切り前の2日間で残りの50首を詠むという
超無謀なことをしでかして、その中からの出詠だったので、つい
「どんどん詠むうちに定型とかあまり考えなくなったのかも」と口走ってしまったら、
すかさずIっちに、「ふつうはどんどん詠むうちにどんどん定型になるのでは?」
と突っ込まれた(笑)。
そ、そうなん?
そうなんかも…。
そうだと思う人!w

よく句跨りしてるとか句割れしてるとか言われるんですけど、自分では自覚のないことが多い。
というより、その部分、一気読みしてることが多いのでワタシ的にはリズムを損なってない…。
このワタシ的というのが、超ダメダメなんですが。
しかし、57577という区切りが消えるというか…
いや、定型のリズムをなくしてはないと思うのですがー。
とはいうものの、やっぱり最近字余り多いです。
上記と矛盾するといえばするが、
「自覚がない」というのは、「無自覚だ」というのとは違うのでありまして(苦笑)
必然的とまでは言えないのは確かながら、
無自覚でそうなったわけではないのであります。
(あー、自分でもややこしいやつ)

で、歌会に出した歌

ハンガリー舞曲弾き続けるうちに楽団員らから滲みくるもののあり

はんがりー/ぶきょくひきつづ/けるうちに
上句はまたがってても17音おさまってますわね?

がくだんいんらから/にじみくるもののあり
9/10
たしかに、だぶだぶと余ってきてます。
しかし、「ら」も「ものの」も、何度考えても抜くことができなくて、
(というのにいくぶん語弊があるので、言い換えるとするならば、
「何度考えてもそれらの言葉をこの歌から抜くことが気持ち悪くて」です)
今回はそのまま出してみた。もっと定型の歌もあったけど。

というわけで、字余りな時代に突入中。
どうなりますやら。

【2011/02/08 01:07】 | 歌会・その他短歌 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
新年歌会2011 その3
この一週間の寒暖の差についてゆけず、
しっかりとダウンすることもなく、びめうに風邪をひきずっております(苦笑)。

歌会の記が超中途半端なことになってるので、とりいそぎまとめておかねば。

午前6時半にバスは新宿に到着。
今回は「VIPラウンジにて朝の身支度をする!」という、新しい楽しみがあったので、バスを降りたあと、係の人にハーメルンの笛吹よろしくついてゆく。
しかし。
日曜の早朝、各所からどんどこやってくる人たちで、部屋はコミコミ。
でも、私の場合、神保町に8時に着けばいいので、余裕やん?
普段なら絶対にお店とか待ってまで入ることのない(イラチな)私も、
余裕シャクシャクでソファでくつろぎながら無料珈琲飲みながらパウダールームの順番を待つ。
…が、気が付けば7時15分…。
結局、15分も時間がなく、慌ててメイクとかヘアアイロンとかして(といっても、いつも5分くらいですが~)、新宿駅へ向かう。あーこんなことなら、神保町の駅のトイレで全然よかったやん!別に髪の毛ハネてるわけでもなかったしぃ~とか思いつつ。

で、結局8時2分ごろ、神保町到着…。

NEC_0880.jpg

今のところ新人会という名前で主にWEB歌会をしているメンバーと新年歌会が始まる前に集合。
めずらしくおなかがとっても空いていて、サンドウィッチのあと、隣の某氏が食べていて超美味しそうだったホットケーキまで頼んでしまう。
そんなこんなで、やっと歌会です(けふはここまでw)。

学士会館
朝の学士会館、逆光デス。
【2011/02/05 22:34】 | 歌会・その他短歌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |