短歌人 2015年3月号  サンダーバード
降り立てば今日一日を踏まれずに雪のみ受けしホームを穢す

駅前の小さき扉その上に日本一小さき「氷見キネマ」あり

定置網に泳げるさ中絞められる寒ブリ苦しみ知らずといふも

新しい線路に振り分けられてゆく人の流れは意志を離れて

春はもう倶利伽羅峠を潜れずに金沢までのサンダーバード

雷鳥は白き冬羽ふくらませ雪のひかりの夜に紛れる

そのかみの羽咋一ノ宮父子墓に神隠しのごと辿り着きたり

雷を受けしからだを偽れずこの坂道をのぼりはじめき

                      勺 禰子(しゃく・ねこ)
himicinema.jpg

chisato.jpg

thunderbird.jpg
【2015/02/28 01:49】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |