短歌人 2015年8月号  千日前通り
溢れ出る漢字の力におのづから退りて気づく爆買の道

えべつさん笑ふドンキの観覧車キットカット抹茶味は今日も品薄

刑場も自安寺も墓地もなくなれどその地下に君と酌み交はす酒

黒門を抜けて七坂蔵しつつ寺町のくろき森鎮まらず

そのかみの上町者(うへまちもの)は送りけむ茅渟(ちぬ)の波間に消ゆる入日を

紛う方なき依代としてホテルLOVE生國玉神社の脇に佇む

千日前通りを歩く蝶子にも綾にも見えし生駒山なり

上六(うへろく)に近鉄劇場ありし秋に歩き始めた道の先には

                          勺 禰子(しゃく・ねこ)

※千日前、刑場、自安寺について 千日墓地(新之助さんのブログ)
※上町者:大坂の上町付近の妾や私娼。西鶴置土産「上町者の手かけぐるひ」
※蝶子:織田作之助「夫婦善哉」
※ 綾 :車谷長吉「赤目四十八瀧心中未遂」
【2015/07/30 21:18】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |