短歌人 2016年12月号  闘争心
大阪の素顔は憂ひ、笑みもせず笑はせもせぬ曇り日のごと

吾の知らぬ吾の血管みいだせる一筋縞蚊と揺るる地下鉄

トンネルに入りてしばらく斜めから斜めへ雨はとめどなく湧く

何か罰のやうなるものを受けんとしゲリラ豪雨とともに歩みぬ

終電を出でてきざはしのぼるとき闘争心ははつか芽生える

かみさぶる生駒のやまの般若窟 有象無象を腹に埋めつつ

                      勺 禰子(しゃく・ねこ)
【2016/11/30 02:32】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |