004:塩 (勺 禰子)
あたらしき塩の香としてわたくしの肌へに残るおもかげひとつ
【2008/06/16 00:14】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ちょっと息継ぎ | ホーム | 003:理由 (勺 禰子)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/147-33b1ca7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |