ちょっと息継ぎ
題詠blog2008
調子にのって、いきなり4首も進んでしまい、
持久力のなさでは我ながら自信のあるワタクシといたしましては、
ここらでちょこっと一休み(早すぎっ)。

この二つ↓似ていると思いませんか??
koishiro_matsusaka.jpg
松阪近郊漕代の廃屋

h-goh_O.jpg
【オヴェールの教会】 フィンセント・ファン・ゴッホ
出典:IPA「教育用画像素材集サイト

形といい、オーラといい、完全に双子です。
高校生のとき、訳もなく殻に閉じこもって描き続けた
この絵の模写を思い出す。
(しかも、背景だけ【星月夜】に変更して・・・暗いなぁ、私)

本当は、訳はあった ようにも思う。
【2008/06/16 22:43】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<005:放 (勺 禰子) | ホーム | 004:塩 (勺 禰子)>>
コメント
おぉ、星月夜、
ニュー・ヨークのMoMAで観ました。

ぐるぐるとこころが酩酊してくるやうで、どれくらいそこにゐたんだらう、気が付くと警備員のおじさんにしっかりと見張られてゐました。

「ドービニーの庭」は広島市の「美術館ひろしま」にあるんですよ!
【2008/06/16 23:18】 URL | 文 #oL3vnBpM[ 編集] | page top↑
>文さま

そうなんです。
ぐるぐると酩酊・・・
渦巻文様にからきし弱いです(つまりだいすき)。
授業中、よく延々と渦巻き描いてました(^-^;

広島ですか。
いいところですね。
瀬戸内の穏やかさと、
海の豊かさに翻弄された哀しさがあって、
山陽の独特な雰囲気をつくっていますね。

【2008/06/16 23:57】 URL | 禰子 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/148-004d24d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |