その言葉の裏に
『あたらしい舗装道路のその下の八年前の熊蝉いずこ』 禰子

月の初めにあった事件以来、
「何の落ち度もない人たちが、なぜ」
「何の罪もない人たちが、なぜ」
という報道の仕方をよく聞く。

言いたいことはよくわかる。
ほんとにそうだとも思う。

でも、
何度も何度も聞いていると、
だんだんと違和感が増殖してくる。

そう言い切ってしまうことで、
不条理を言い表すはずの言葉が、
「落ち度があれば仕方がない」
「罪深ければ仕方がない」
の対義語になってしまっている。

そんなふうに白黒はっきりしていることはすでに不条理じゃない。
社会が本来そのようなことから免れ得ない集合体なのだとしたら、
そんなお茶を濁すような言葉を、
使うべきではない。

それにしても、
一篇の小説や、
数行の詩や、
一枚の絵が、
言葉で解決できない何かを
吸収したり、止揚したり、
するためのものではなくなってきているのかもしれず、
人々が「読んでみたい」というただそれだけの情熱で
人の手を介して写本が繰り返され、
その結果、千年を経た私たちが、
源氏物語を手にしているという事実に
静かに感動していたりする私は、
「何の落ち度もない人たちが」
「何の罪もない人たちが」
という言葉を平気で使える人たちや、
「誰でもよかった」と言える人よりも、
結局のところ不条理を理解できていないのか、
と思ったりもする。

夏至

ohtohki.jpg









【2008/06/21 00:18】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<紫陽花 | ホーム | 008:守 (勺 禰子)>>
コメント
「その中に日本人観光客はいませんでした」
「さあ、次は明るいニュ-スです!」
 わたし、この二つには異常に違和感が増殖します(笑)。


「お母さん、地の果てってドコ?」と聞かれて答えられない
程度の語彙しか無い私には、その違和感を言い表すことが
できないんだけれど・・・・。
ねえ、教えて~。
禰子ならなんて言う??地の果てってドコか!

不条理なことをわずか数語で表そうとするコト自体が不条理
なのかなぁ?
【2008/06/24 22:20】 URL | ゆずみかん #-[ 編集] | page top↑
>ゆずみかん

うーん、答えられないのは語彙の問題じゃないよね~(笑)
なんて言えば、自分も納得するんやろうなぁ・・・

パパも、ママも、N先生も、みーんなおらん、
お日様もでてけえへんところや。
ゆーたら、怖がるやろうか。
それとも、ほっとするやろうか。
「ナルニア国物語2」を観て、
「あの人、うらぎりをたくらんでいるのにだまされたらあかんなぁ」
という娘のほうが、うまく説明してくれるのかもしれません・・・。
【2008/06/24 23:12】 URL | 禰子 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/154-e4cfdf81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |