042:鱗 (勺 禰子)
ニギハヤミコハクヌシとふ少年の鱗舞ひ散る油屋の大屋根
【2008/07/13 00:35】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<043:宝くじ (勺 禰子) | ホーム | 041:存在 (勺 禰子)>>
コメント
このシ-ン、たまらなく好きです。
飛び散る涙も綺麗だよね。
なぜでしょう?この方の描く少女を見ると
禰子の愛娘が頭ん中を横切ります。
【2008/07/13 23:04】 URL | ゆずみかん #-[ 編集] | page top↑
>ゆずみかん

ありがとう。
観てるひとにしかわかんないけど、
でも、観てる人多いからいいかな、と(^-^)
(ついでに実際は海の上ですが、観念上、油屋の上でもOKかと)
【2008/07/13 23:25】 URL | 禰子 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/196-683c0dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |