短歌人 8月特集
「途上の家族2」勺禰子

「これが最後のチャンス!」と毎月送られてくるベネッセの「こどもチャレンジ」

午前二時源氏物語の朗読が流れはじめた。合図のやうに。

はらはらと桜隧道(さくらトンネル)うづたかく積もりて吾(われ)の出奔を消せ

落ちたての花びらを轢く感触のなまなまと車輪伝ひ登り来(こ)

あたらしい街の自転車みな早く、あぁ坂道が少ない所為だ。

三日月は中有の中をさまよひて行方不明のやうなベランダ

パリパリと水菜に音を出させては口中に夏をひろげてゐたり

郵便が届かない日が三日間。知られぬことの快楽として
【2008/07/28 22:11】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夕立 | ホーム | 作品月評 6月号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/212-55c239f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |