062:浅 (勺 禰子)
残夏の夜 浅いねむりの中に居て、嗚呼この闇を知りし。と思ふ
【2008/08/08 01:12】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<存在の耐えられない軽さ | ホーム | 061:@ (勺 禰子)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/221-d0e8721f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |