066:ひとりごと (勺 禰子)
思ふには忍ぶることぞ負けにける ひとりごとごと隧道(とんねる)潜(くぐ)る
【2008/08/25 01:15】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<短歌人 9月号 | ホーム | 065:眩 (勺 禰子)>>
コメント
愛は哀しみよりも淡く 憎しみは愛よりも深し
明日知れぬ
我が身と思へど
暮れぬ間の

今日は人こそ
哀しかりけれ


眠りし時、
声聞き覚ゆるは
目覚めし時、
内に深く留めしをも…。

ただ、遥かに映りし
彼方の色は

ただ、現に覚ゆ
    うたかたの夢

お久しぶりです。
お元気そうで何より
ではこの辺りにて
破 魔 除 厄
【2008/09/01 03:01】 URL | ケガレ者☆ #-[ 編集] | page top↑
>ケガレ者☆さま

暮れぬ間の人ほど、かなしい存在はありません。
暮れるとわかっていて、どうして
現にみたような気になってしまうのでしょうね。
【2008/09/02 20:22】 URL | 禰子 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/229-24b932a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |