平成20年・題詠100首百人一首
096:複
(勺 禰子) 複写用カーボンをまだ使ってる職場に絶滅危惧種の多し


先日初参加にて初完走した題詠ブログ。
それをたんねんに読まれて、選歌をされている西中眞二郎さんのブログで
平成20年・題詠100首百人一首の中に一首入れていただきました。
人の歌を読む、ということは本当に大変だけれど、とても重要なこと。
WEB歌会は最近参加しだして、参加するのが精一杯で、
コメントする気力と時間がない。(主に気力に問題あり)
詠むよりも読むほうが、何倍もエネルギーがいる。
このブログでも、ちょっとずつでもいいから、いい歌を紹介したいと思うけど、
なかなか・・・(^-^;

ちなみに絶滅危惧種はやはり、大切にしないといけないんじゃないか。
そんな風にも思いますが、何事もバランスが難しいですね。


右派なのか左派なのかなどいざ知らず両手に載せて物売る少女
右派なのか左派なのかなどいざ知らず不知火町に秋の花火師
                                   西王 燦
【2008/11/05 00:47】 | 「題詠blog2008」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<荒地の恋 | ホーム | 嵯峨野歌会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/292-cdd14ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |