短歌人 12月号
建設的解消したし飼い猫も疲れた飼い猫飼育係も

「礼の限りを尽くさむ」といふふとどきな言葉使はず命終へたき

目の前の熊蝉が土に潜りゐし六年前の二人の距離は

「考へても、考へなくても同じこと」匙を投げたのではありませぬ

キヨスクでマスクを売つて呉れたつけ老夫婦失せて自販機聳ゆ

永遠の循環を分離してくれた乾燥剤を恨む水蒸気

勺 禰子 (しゃく ねこ)


------------
●8月号「20代30代会員競詠」評

「これが最後のチャンス!」 と毎月送られてくるベネッセの 「こどもチャレンジ」
                                        勺 禰子

78757と読んだ。「最後の/チャンス」 とまたがって、語が強調されるところ、
リズムと内容が合致する。感嘆符つきで「最後」と言う商魂。
その逞しい商魂を、毎月笑って楽しむ「私」。こちらが一枚上。
(黒木三千代 評)

------------
●作品月評*10月号

岸恵子みたいな女になれと言ひ、父があたしに飲ませた洋酒。
                                        勺 禰子

センスの良いお父さんで、うらやましく思う。
当時の岸恵子は国際女優であり、日本の女性の中でも抜群に
「いい女」というイメージがあったのではないか。
その言葉が娘である作者の心に今にしてよみがえってくることの面白さ。
下の句の「あたし」という一人称も見事な効果をあげている。
着眼点、技術力ともにすぐれた作家として期待は大きい。
(藤原龍一郎 評)

------------

お風呂を沸かしなおしている待ち時間、
調子にのってUPしてしまいました。
ご容赦ご容赦。
【2008/11/27 23:27】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<本を読む花冠の女、あるいはウェルギリウスのミューズ | ホーム | 雨の東寺・大日如来のことなど>>
コメント
禰子さんには独特の文体があって、何だろう、視点が外に向かって拡大していると言うか、自分のことを詠む時は外側からカメラしていると言うか、結ぶ像があるというか、ああ、支離滅裂^^;
失礼しました。
【2008/11/29 13:32】 URL | 文 #oL3vnBpM[ 編集] | page top↑
>文さま

短歌人に入ってすぐ、
文さんの名前、覚えました。
毎月繰り広げられる不思議な世界。
文ワールドが好き。
だから、そんな風に言って貰えてうれしいです(^-^)

【2008/11/29 19:01】 URL | 禰子 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/304-3486f7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |