詠むこと ―高瀬賞―
2月末に締め切りのあった、短歌人会の新人賞、高瀬賞が7月号で発表された。

受賞は中井守恵さんの「眠る山鳩」。

佳作に
魚住めぐむさんの「こころの在りか」、
斎藤寛さんの「肩幅」、
山本照子さんの「猫の耳」の3作品が選ばれた。

守恵さんと斎藤寛さんは、主にWEBでの歌会活動をしてる短歌人新人会の仲間。
新人会、というものはあくまで別個性(←しかもかなり別々の)が集った勉強会の場なので、
そのメンバーが選ばれたから新人会がすごい、のでは全~然ないのであるが、
それでも、2人も選ばれたというのはやっぱりすごい!と思う。
魚住さんの歌は前から気になっていた。
山本さんの荒畑寒村の歌は、かなり私好み。
ちなみに評論・エッセイ賞の佳作に同じく新人会の近藤かすみさんが入賞。
エッセイでは新人会発起人の長谷川知哲さんも健闘している。
なんだかんだいっても、いつもWEBで歯に衣着せずに云々しているメンバーの受賞は、
半分わがことのように晴れがましいのだった。

私はというと、
「柳通り」という連作を応募。
最終選考の候補には選んでいただいた。
応募総数は99作品。毎年じわじわと増えている。
層が厚い。今の短歌人会。
作品を提出したときには、自分自身の中でこれを仕上げることが必要だったので、
結果はどうでもいい、と嘘偽りなくそう思った。
それでも、やはり結果を知って、今度は…という気持ちは自然に沸いてくる。

でも、そこでふと思う。
「今度は…」という気持ちは「賞をとりたい」という気持とは少し違う。
もちろん、賞が取れればうれしい。そのためにも応募しているのだから。
でも、それだけじゃない。

先日来、仕事でたまたま出会った短歌(メンバーのほぼ全員が後期高齢者といってよい)や、
新人会のメンバーのブログなどから、
なぜ詠うのか、という至極基本的な、一年生の質問みたいな、
でも、なかなか、というより、そもそも回答のない問いがうろうろしている。

そんななか、編集後記の諏訪部仁さんの言葉が力強い。
「高瀬賞応募作品九十九篇に目を通して、その多様さと詠もうとする意欲に感動した。これだけの意欲作が集まるとやはり「どうしても歌いたい」という気持ちがにじみ出ている作品が印象に残る。「詩にはメッセージはない」という谷川俊太郎の断言(『文藝』09夏号)は「職業詩人」の発言であって、これを短歌にも流用するわけにはいかないだろう」
主客が未分というのが短歌の短所でも長所でもあるとは思うが、
いくらうまくてもリズムがよくても韻律がよくても、
メッセージのないことばは虚ろだと思う。
メッセージというのは否応なく主客が未分で、どうしようもないものだと思うから。
谷川氏はもっと上位レベルでメッセージについて訴えたかったのかもしれないが、
私も文藝を読んだけど、上位レベルがあるとは汲み取れなかった。

これを読んでくださる方たちのためにも、
もう少し短くまとめたかったのだけど、
思ったり書きたいことが多くて、
かといって要点をうまくまとめることも出来ず、駄文をつらねました。

「柳通り」は全部をここにアップすることはできません。
もしも読みたいとおっしゃってくださる奇特な方がおられましたら、ご連絡ください。


中井守恵 「眠る山鳩」より
  山鳩の鳴くこえがする 死後のこと思わず生きん生きている間は
  鎮魂の歌を聴きおりモーツァルトは祖父の知らないひとと思えど
  「あのカーブ、また受けたい」と父が言う音たてて足の爪切りながら

斎藤寛 「肩幅」より
  順番はたしかに理路にかなひをり脱構築の後の再構築(リストラ)
  忘れむともう忘れむと男坂上れば白き日照雨(そばへ)に遭ひぬ
  厨にて読むヘーゲルを娯楽とす しんなり揺るる夜の鞦韆
                           ※鞦韆(=しゅうせん=ぶらんこ)


「柳通り」より
  「棄てる」それが不穏な言葉と言ひ切れない春の気配を道が宿せば
  幼き日風呂場でゆまりせしことの開放感をしばし思ひぬ
  夜が白みはじめるころにふくらみを増しくる咎を抱きつつ眠る
                                       禰子





【2009/06/30 00:55】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<短歌人 7月号 | ホーム | 伸びる>>
コメント
禰子さん

こんな時間に、今晩はv-17

私のところも「短歌人」は今日届いて、ようやく読むことができました~v-41

中井守恵さんの「眠る山鳩」の、mixiで
何人もの方が書いていらした、連作の妙、
ほんとうに納得。
それに、なんという自然さ、しっくり感。
挽歌であるのに、読み終えて、優しさに
つつまれているような印象・・・
いいですね。

あれ・・・
禰子さんの日記で、感想書いて、ごめんなさいv-237

禰子さんの十五首、ぜひ拝読したいですv-22
三首とも、とても魅力的ですv-221
ぜひ読ませてくださいv-238
【2009/06/30 03:35】 URL | ラマーレ #-[ 編集] | page top↑
おはようございます。
新人会は、短歌人会の凝縮版みたいなところがあるかも知れませんね。こんなにいろんなひとがいて、よくも喧嘩別れしたりしないものだ・・・というような集まりは、実は長続きするんですぜ、とか。^^v
諏訪部さんの編集後記、僕も共感しました。
佳作に決まりましたよという通知は夙にいただいていたのですが(誌上発表までは伏せておくようにとのことでした)、その前後にもっと嬉しいこともあり、また悲しいこともあって、その通知のことはなんだか埋もれてしまったのでした。
もちろん、佳作でしたという通知は嬉しいことには違いなかったのですが、その嬉しさというのは自分にとってはこの程度のものなんだということが、おのずと確認できたように思います。
そのへんの感じ方・考え方は禰子さんと近いかも知れない。「賞」を取ることを目的化するとか歌壇の中で「有名人」になりたいとか、そういうのは僕は全然ないんですよね。
【2009/06/30 05:33】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/06/30 05:40】 | #[ 編集] | page top↑
わたしも、諏訪部さんの言葉には共感しました。「詠みたい!」「伝えたい!」と言う思いがなければ、第一わたしは歌が出てきませんもの。

なんて言いながら、俗物であるわたしは、人生で初めてといっていいくらい「賞」と言うものが欲しくって、でも選考作にさえ名前が残らなかったことにひどくがっかりしています。

禰子さんやtamayaさんのようなこころもち、短歌人的スタンスです。いいな。
【2009/06/30 06:59】 URL | 文 #oL3vnBpM[ 編集] | page top↑
メールと重なるけど・・
候補に残れたこと、おめでとう!

ブログにはこれから高瀬賞のこと書くのですが、禰子たんと思うところがほぼ全部重なります。
とは言っても、こんなにきちんと書けないけど・・・

諏訪部さんの言葉も、そして私には長谷川富市さんの言葉も、しっかりと刻まれました。
【2009/06/30 20:39】 URL | すずぼん #qDRrdO.I[ 編集] | page top↑
■ラマーレさん

あらら、本当になんという時間(!)
私も餅を焼いたりします時間ですね(爆)。

ラマーレさんも最終選考候補に残りましたねっ。
お申し出ありがとうございます。
後ほど、某コミュニティにてメールを差し上げますm(_ _)m

■tamayaさん

この度は佳作、本当におめでとうございます。
●年の星!藤原龍一郎さんの強い推挙が、時代の要請のようにも思えています。
をんなもすなる短歌といふものををとこもしてみむとて… 
これからは1950年代生まれの男性の時代だ?
わたしはひねくれ者かもしれませんが、上記3首が気に入りましたです。

>こんなにいろんなひとがいて、よくも喧嘩別れしたりしないものだ・・・

(爆笑)ほんたうに。今後もどうぞよろしうに。

■文さん

以前も、文さんの意気込みについてお伺いしたとき、うらやましく、そして素敵なことだと思いました。
私だって賞はもらえたら喜んでもらいますよ!(笑)
野心なんてないです~、みたいなことはありませぬ。
そう言ってしまったら嘘だとおもうし。
ただ、何にしても、「傾向と対策」がある程度わかっていても、できない性格、ではあります。
大抵においては単なる力量不足でありますが。

■すずぼん(「さん」がつけられなくてごめんよ!「すずぼんさん」はヘンやもんね^-^:)

昨日はとにかく久しぶりに「なんか書きたい!」モードでした。前の日にキーボードがぶっつぶれて、入力というものが一切できない状況だったのでその飢餓感かもしれません(笑)。
それぞれの中に、それぞれの高瀬賞に対する思いがあると思います。それは、去年、それぞれ一人っきりで向かっていた気持ちとはまた別だと思う。もちろんいい意味で。

あ、ちなみにキーボードがぶっつぶれた理由は、
某成分5~6%の麦●をこぼしたなどと、口が避けてもいえませぬよ。
【2009/06/30 23:29】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
禰子よ
ビールだけはこぼすな!
【2009/07/01 23:57】 URL | 知哲 #hurAyYjo[ 編集] | page top↑
■知哲ちゃん

がってん承知の助!
ツレにもこっぴどく(?)怒られたさ。

しかし、以前のんはだいぶガタが来ていた年代モノ。
ビックカメラで1400円で新しいのを購入。
なかなかに快適な打ち具合なのさ。

なーんて、全然反省しとらんがな、
このアホネコは!
【2009/07/02 00:18】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
キーボードにビール、僕もかつてワープロ専用機でやりましたよ~!しかも2回も!1回目は修理に来てもらって、修復のやりかたを教えてもらいました。またやったらこんどはセルフでやってくださいと言われました。またやりそうなひとに見えたんでしょうね。^^; で、修復のやりかたは、反応しなくなったキーのキャップをひっこ抜き、水洗いしてよく乾かしてからはめこむ、というもの。今の製品には通用しないかも・・・
【2009/07/03 04:08】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
■tamayaさん

ワープロ専用機!
そりゃ大変だったでせう。
私も、その晩は分解してお掃除したり、
いろんなことをしましたが…
水洗いとは!
次、壊れたとき用に、タメ元で水洗いしてみよーっと。
情報ありがとうございました。
【2009/07/05 00:58】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/386-415012fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |