あるべきやうわ
締切りの順に急かされ片付ける、吾とふ締切りに目を瞑り

八十年、九十年と校正は続く 私が締切られても

あるべきやうあるべきやうわと唱へつつ真夜の繁華な街をあゆめり

                                     禰子

---------------------------------------------------

「栂尾明恵上人遺訓」より。

人は阿留辺幾夜宇和の七文字をたもつべきなり。
僧は僧のあるべき様、俗は俗のあるべき様なり。
乃至、帝王は帝王のあるべき様、臣下は臣下のあるべき様なり。
このあるべき様をあざむくゆえに、一切悪しきなり。

---------------------------------------------------

べき
というのは、「しなければならない」とは訳さない。
あるべき
というのは、自我を超えたところにあるものだから。
「~ねばならない」というような束縛されたものではないはず。
しずかに大きな流れに添えたときに、あるべきようであるのだろう。

…かなり遠くて、ちょっと泣きたくなる。

…ちょっと違うかな。
 かなり、は遠くない。ちょっと、見えてる。
 あとちょっとのような気もするから、余計に遠い、のかな…。

暗越奈良街道・鳩

とはいうものの、2年前の以下の記述から全然進歩していない。

《「べき」というのは、けして義務からくる言葉でなく、「そうあることが自然」という意味だと》


「そうあることが自然」
というのは、もしかすると生きている時点で諦めなければならないことなのかも。。



【2009/10/26 23:45】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<短歌人 2009年11月号より自歌 | ホーム | 三角点―短歌人2008年11月号より>>
コメント
> そうあることが自然

うう、むずかしいよ。
わかっていても、そうありたいともがかずにはいられない。悶えて、じたばたして、疲れ切って、またあがいて…。

鳩がむくむく羽を膨らましてる。
【2009/10/27 07:31】 URL | 文 #oL3vnBpM[ 編集] | page top↑
そうあることが自然な状態
日々の生活の中で、自然体でいることの困難さを思います。不自然なまでに窮屈に生きていることが。
【2009/10/27 20:58】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
■文さん

>鳩がむくむく羽を膨らましてる。

でしょ~。
つがいの鳩でした。
たぶんしあわせというものをかたちにしたらこんなんだろうな、というほど自然だった。
じっとみていて、こちらも幸せになりました。

■H.IBAさん

>不自然なまでに窮屈に生きていることが。

そうなんですね、誰に命令されたわけでもないのにね。
不自然を受け容れるプログラムがあるのでしょうね、体内(脳内?)に。
【2009/10/29 00:42】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/436-e695927d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |