ちょっとかなりどうでもいいのかもしれない雑記
mixiのサンシャイン牧場

…アプリってなんだ、なんか時間ばっかりとられそうだぞ。
なんだかんだとサービス充実の裏になにかありそうなところもいやだし。
と新しいものになかなか食いつけないタイプな私。

そもそも本当に(しゃれになんないくらい)自分のための時間も体力もない最近、
アプリなんて!という気持ちは今もそのままなのだが、
今月の短歌人をみて、ちょっと目が釘付けになった。

 サンシャイン牧場へゆき収穫のよろこびを吾(あ)は知りそめにけり  宇田川寛之

おおっ、宇田川さん、そうなんですか。
そうなのかー、収穫のよろこび。
そっかー、それはちょっと気になる。

でも、それよりも私は短歌のよろこびをここにまた見つけたような気がした。
これが定型に容れられたことばでなかったら、きっと立ち止まらなかっただろう。
定型の力(力技?)を感じる。

急に「サンシャイン牧場」という名前がきらきらしてきた。

あ、でもアプリはしませんから(笑)。
わたしを説得できるひと、いれば解説おねがいします(^0^)
【2009/10/31 00:35】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<037:藤 (勺 禰子) | ホーム | 短歌人 2009年11月号より自歌>>
コメント
じゃんけんのアプリ
僕は「じゃんけん」のアプリをしていますが、大幅に負け越しています。いかに自分がじゃんけんに弱いかが証明された感があります。
【2009/10/31 07:23】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
アプリ?
しりません。内容なく、どんどん人の時間と気持ちを侵食するネットというもの、嫌いです。
実はあんまり好きではない。仮想っていうの。
ほんとの名前を隠してハンドルネームなんていうのもいやだ。
筆名ならまだ。責任を持って使う名前だから。

【2009/10/31 23:55】 URL | 知哲 #hurAyYjo[ 編集] | page top↑
ラマーレ
禰子さん

かなり前に、
初代「牧場物語」にはまりました。
孫の男の子が、お祖父ちゃんが残した牧場v-22にやってきて、懸命に働き、牧場を再建していくという話。野菜を育て、山菜を採り、木を切り、小屋を建てる。村の人との交流、恋v-10、不思議な鉱物の発掘、釣り、森の女神や妖精たち、あらゆるロマンの要素がつまっているんです。

はまりこんでしまうのは、ゲームといえど、真剣に全方位に注意をむけないと、困難に打ち勝って牧場を再建していくことが出来ないということ。
開墾や、育成や出荷や・・・限られた時間で、懸命にやらねば、時間がどんどん過ぎていき、むちゃくちゃにやれば主人公は疲れ、家畜も病気になり・・・
すべてのものは無尽蔵でなく、限りがあり、時間にもかぎりがあり・・・チャンスを逃すと、その人生は、微妙に変化してゆく・・・どれが最善なのか、わかりませんが・・・

数日、やって、1度など夜から朝4時までやってみました。

で、ゲームの中で、何年も何年も生きてみたのです。
せっせと働いて、恋をして、友人を作り・・・


そこで、なんだかむなしくなって、
やはり私は、現実の生活で、やるのならば汗を流したいと、本気で思いましたv-41

以来、このパターンのゲームに手を出していません。

これでいいのか、わかりませんが・・・v-17
【2009/11/01 11:47】 URL | kk #-[ 編集] | page top↑
こりゃまったく!
おお~さすがはわがイモウト!
ここに書いてあること、最初から最後まで私が思っていたことそのものでした!!!
(最近ブログ不精になって、こういうこと書かなくなっちゃって。。)

しかしあの1首は・・・
作者が宇田川さんだから、っていう部分もあるかも、私は。(笑)
【2009/11/05 20:53】 URL | すずぼん #qDRrdO.I[ 編集] | page top↑
ご無沙汰しておりましたーm(_ _)m やっと一息(?じゃないけど、まぁ)
■H.IBAさん

じゃんけんですか~。もうずいぶんじゃんけんをしていないな。
じゃんけんは気合だと思っていた(いる)私は生粋の大阪人??

■知哲ちゃん

そうだね、寝食を侵食されています(うーん、こんな駄洒落が普通に出るようになったら禰子もおわりやな)。
テレビなくても、結局ネットで時間とられてる。
読書時間なんて、ほんとはなんぼでも捻出できる、はず。

■kk?ラマーレさん

そっか、のめりこんだ気持ちも、
そこから抜け出した気持ちも、わかる気がします。
だって、生身で生きているんだもんね、わたしたち。
あらゆる触覚が発達したネットが出来上がると、
マトリクスみたいに夢だけ見て壁に格納されて生きていくんだろうか、私達。。。

■すずぼん

うにゃー姉さま。
そうなのにゃ。
>作者が宇田川さんだから
そうそう、そうなのにゃ。
これが、こういうことをいかにも詠みそうなひとだったら、きっと素通りなのにゃ。

歌は作者と切り離す、とはいうものの、やはり分かち難く結びついているわけで…。



【2009/11/07 00:35】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/438-33129e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |