霜月 奈良
今日は仕事で午後から奈良。
家の中はひんやりしているので、今日も判断を誤った。
小春日和なのに黒のセーターでちょっと汗ばむ。

夕方、夕日に向かって移動。
奈良盆地からみる夕日はいつでも美しい。
けわしく大阪と奈良を隔てている山肌が急にやさしく見える。
昔の人はもっとうっとりと、また、畏れも抱きながら、
山々のむこうに落ちてゆく夕日を見送ったことだろう。

船橋商店街

行きの急行電車でのひとこま。以下四首。


雑音といふには耳に心地よく隣の翁は喋りつづける

駅ごとにその駅名の由来など連れの翁にたしかめてをり

石切を越え生駒越え奈良へ入るころに話題は神の御業(みわざ)に

ひとりびとり造作の違ふ不可思議を無邪気に語る翁、神か?

                                 禰子

ちょっとおちゃめな老人二人だった。

【2009/11/08 23:07】 | ディープ奈良 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<045:幕 (勺 禰子) | ホーム | 044:わさび (勺 禰子)>>
コメント
奈良
煎餅の味確かめて鹿にやるものほしそうに眺める子鹿
【2009/11/09 20:44】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
天皇さま
山の辺の道の長岳寺さん近くのバス停で出会ったおばあちゃん、バスが来るまでの数分のおしゃべりにて「天皇さま」(それも、昔、むかしの天皇さまでっせ)が5回か6回か出てきました。こんなお方、関東ではそうお目にかかれるもんじゃありません。
【2009/11/10 05:41】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
遅なりましたぁ
■H.IBAさん

去年は鹿に服を食いちぎられました(^-^;
でも、奈良の鹿、好きです。かみさまですからね。

■tamayaさん

>「天皇さま」
おおっ、それは貴重な体験を。
でも、そのおばあさんには、まっことリアルに神武天皇やそのほかの天皇さんも生きておられるのでせう。
長岳寺ちかくの大神神社は、「みーさん」で、神様でも「さん」呼ばわりなんですけどね(^-^;

ちなみに長岳寺ちかくの「周囲に堀のある小山」で、すいとんパーティー(年末、凍傷になるかとおもた)を前の会社の人たちとしたことがあるのですが、帰ってから地図で確かめると古墳でした…。
【2009/11/15 22:44】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/449-33ede58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |