降誕祭
傲慢なをとこイエスの話聞き幼き吾に「恥づ」は芽生えり   禰子

いわゆる典型的な高度経済成長期以後の「無宗教」な家で育ったはずが、
公立幼稚園(当時は1年でした)に入る前の今でいう「年中さん」の年に、
近くのプロテスタント教会の「ナースリースクール」というのに通っていた縁で、
高校入学まで日曜学校にちょこちょこ通っていた、という経歴を持つ。
私の両親はといえば、たまに義理で顔を出す程度でもちろん信仰心もなかった。
私以外は家族そろって熱心な信者の家庭に育った友達が多く、
「イエスさま」はすでに彼らの中になんの疑問符のつく余地もなく、
最初から完全無欠のものとして存在していた。
わたしは4歳のときから宗教の持つ傲慢な部分の格好の餌食として、
日本のごく中流家庭にありがちな中途半端な信心深さの日常生活の中で、
時に元旦に神社の前で「禰子ちゃん、それは偶像ですよ」と日曜学校の先生に呼び止められたり、
時に秋祭りにだんじりを曳いていて「禰子ちゃん、そんな偶像を曳いてはいけません、
かみさまはイエス様だけなのです」と言われたり、また言われるのを畏れたりしながら
「かみさま」について考えさせてもらえたのは、
今から思えばずいぶんありがたい出来事だった。
それにしても、イエスが物語の中で無謀とも言える自信に満ち満ちて何かを断言するとき、
「わぁっ、どうするんやろ、恥ずかしいっ」
といつも頭の中で思っていた、私。
昔はずいぶん恥ずかしがりやで(そこで笑わないように!)、
且つ、「正しいのは私以外のもの」という思い込みがあった。
それもイエスの傲慢(?)な振る舞いを否応なく見せ付けられていたからではないか。
(違うって?)

そんなこんなのクリスマス。
本日夕刻から原因不明の蕁麻疹に苦しんでゐる。。。

追伸;
午後零時過ぎ、少し治まってきました。明日は普通にお仕事できるかな。
【2009/12/24 22:48】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<短歌人 2010年1月号 | ホーム | 「地上」―佐々木靖子―>>
コメント
クリスマスキャロル
クリスマスキャロル漏れ出る窓辺見ゆただ新雪を踏みしめながら
【2009/12/25 04:25】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
おはようございます。
わたくし、某キリスト教系の私学に通っていたという経歴を持つ。^^; しかしてキリスト教に反発し、仏教に仄かな親近感を抱くというかたちで影響を受けたような気が仄かにする、のであります。
某全国歌会の席みたいな所で、汝ら悔い改めよ~!とか言ってテーブルやら何やらひっくり返したりしたら、やっぱり相当にヘンなひとですよね。
【2009/12/25 08:36】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
ぼくは聖母幼稚園に通ってた。
クリスマスには劇を演ずるんだけれど、卒園の年は、ぼくはなぜかステージの端に立って、ナレーターをやっていた。そのナレーションに合わせて、舞台ではキリスト誕生の劇をするのですね。
「ベツレヘムの馬小屋で、マリヤ様がイエスキリストを生みました。東方から三人の賢人が遣って来て祝福しています・・・」ていうような、確かセリフだったような気がする。

聖母幼稚園とは聖公会という派で、イギリス国教会のことだと知ったのは、中年になってからです。
植民地主義の時代には、本当にまずカトリックの宣教師達が尖兵となって世界へ出て行って、宣教の確信犯として植民地主義・帝国主義の一端を担わせられるのですね。
しかし、悪いことだけではない。熊本でライ病者を集めてライ医院を造った女性宣教師は、親子2代にわたってその地に身を捧げている。
シュバイツァーもまたアフリカに。
【2009/12/25 23:14】 URL | 知哲 #hurAyYjo[ 編集] | page top↑
■H.IBAさん

そっか、新雪 なんですね。
大阪はもう長いこと積もってないような。
ん?でも先週、奈良で初雪に降られましたです。

■tamayaさん

おお、私も某キリスト教系の私学でしたわよ。
結局のところ、幼い頃の刷り込みは怖い、ということで(^-^;
キリ教って授業があって(正式名称・キリスト教学)、
その単位を取れなければ卒業できないんです。
キリ教とれなかったばっかりに留年した人が自殺して…
なーんていう都市伝説もいっぱいあったなぁぁ。

■知哲ちゃん

そうだね、悪いことばかりじゃない。
もちろん了解してる。
知哲ちゃんは聖公会でよかったと思うYO。
私が行ってたところは多分かなり過激派だった。仏教にだっていろいろあるしね。
尖端の人が悪いのではないし、宗教が悪いのでもない。
でも、宗教団体、になったとき、やはり得体の知れないものがある。なんでもそうだけどさ。団体って。
団欒も団栗も団体も、団が問題なのだ。

わたしもね、クリスマスの劇は毎年した。
ベツレヘム、というのが特別の響きをもっていること、確か。
宗教については、このさきもずっと複雑な気持ちのままのような気がします。
【2009/12/26 00:26】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/476-ef957f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |