美智子さんの歌
新年あけましておめでとうございます。

白味噌に丸餅のお雑煮を食べて、満腹につきしばし珈琲タイムの禰子です。
昨年は、いろんなところで、いろんな人にお世話になりました。
年を経るごどにワンダーな人生ですが(ちょっと苦笑です)、
とにかく自分の嗅覚にうそをつかないようにして、
進んだり進まなかったりしながらあるべきやうを見つけられたらと思います。

---

珈琲を飲みながらネットのニュースを見ていたら、
美智子さんの歌を発見。
私は右にも左にも傾いていない人間ですが、
この人の歌は昔から好きで、歌集を買ったことがあります。
久しぶりに本棚から出してみると、平成9年の歌集。
もう13年近くになるのだな、と思う。
その頃は殆んど短歌から遠ざかっていたと思うのに、
広告かなにかの引用歌がよくて(どれかは忘れた)、
どうしても欲しくて取り寄せたような記憶がある。

『瀬音』より以下、何首か。

 黄ばみたるくちなしの落花啄(ついば)みて椋鳥(むくどり)来鳴く君と住む家

 あづかれる宝にも似てあるときは吾子(わこ)ながらかひな畏れつつ抱(いだ)く

 子に告げぬ哀しみもあらむを柞葉(ははそは)の母清(すが)やかに老い給ひけり

 風ふけば幼き吾子(わこ)を玉ゆらに明るくへだつ桜ふぶきは

 おしなべて春とはなりしこの国にあまた揺れゐる子らのぶらんこ

 言の葉となりて我よりいでざりしあまたの思ひ今いとほしむ

 三十余年君と過ごししこの御所に夕焼けの空見ゆる窓あり


というわけで、美智子さんといっても知り合いではなくって、
千代田の森の苗字のない方ですが、歌人としていいなと思うので。
上の歌は「御所」という言葉さえなければ、普通に苗字のついている人間が詠んだといってもかまわない。
特に二首目など、苗字がない人、と思って読む必要はさらさらないと思う。

歌歴は小学生からというから、別に婚家の風習としてたしなんだわけではない。
(まあ、昔の人ですから、多くはそうだったのかもしれませんが)
歌から普通にその人を感じられる歌が多くて、こころの自由な人なのかな、と思う。

---

そこで今日ネットに載っていた歌から一首。
 〈宇宙飛行士帰還〉
   夏草の茂れる星に還り来てまづその草の香を云ひし人  美智子

 ある意味類型的、なのかもしれないけれど、圧倒的にうまい。
 短歌人の歌会とかに出したらなんて言われるんかな。

ついでに、と言うのは失礼ですが、明仁さんの歌もいいなあと思うのが一首あったので。

 〈即位の頃をしのびて〉
   父在(ま)さば如何(いか)におぼさむベルリンの壁崩されし後の世界を  明仁


以上、なんとなくお正月ちっくなエントリになっちまいました。。

 
【2010/01/01 15:38】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<初夢 | ホーム | 2009年大晦日>>
コメント
禰子さん、あけましておめでとうございます♪

美智子さまの「瀬音」をフランス語に翻訳し、フランス人にその心を伝えるという趣旨の本「祈りの御歌」を私も持っているのですがどの歌にもまなざしが感じられて私もあの方の歌は好きです。

しばらくS歌会を休まれていますが今年中には復帰されそうですか?
禰子さんの姿(というかコメント)がないとさみしいです。

今年もよろしくお願いいたします。

【2010/01/01 16:25】 URL | MEG #-[ 編集] | page top↑
先日、「歌会始」の本を買いました
皇后様のお歌といえば、

アトランタ五輪のサッカーの試合でゴールを守るGKの川口選手を詠んだ歌、

  ただ一人ゴールを守る任に居て青年はまなこ開きて立つ

を思い出します。歌人としても尊敬している御方です。
【2010/01/01 17:42】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
わ、みなさんも。うれしいです。
■MEGさん

あけましておめでとうございます。
すっかりご無沙汰してしまっております。
「祈りの御歌」そのような本があるのですね。

S歌会、夏以来ご無沙汰してしまっています。
月刊誌の編集をしていて、ほんとうに時間がとれず、
このままではすべてダメになってしまいそうで、一端休憩させていただいています。
でも、やっぱりS歌会でほんとうにいろいろ勉強させてもらったとしみじみ思います。
いつか必ず復帰しますので、またよろしくお願いします。

■H.IBAさん

いつもありがとうございます。
そんなお歌もあるのですね。
本当に、匿名でWEB歌会とか参加して欲しいですよねー(って、なんつうことを 笑)

皇室とかそうでないとか、超えたところにいらっしゃる方ですよね。
【2010/01/01 20:24】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
あけましておめでとうございます。
美智子さんの歌、横須賀の観音崎の辺に歌碑があって、海難に遭った方々をしのぶ歌なんですけど、ああいいなあ、美智子さんって歌人なんだなあ、と思いました。と言いながらどういう歌か覚えていないんですが。^^;
実名では無理でしょうがペンネームで結社に入ったりされてもいいのでは? え? もうすでに・・・・?? とか。^^
【2010/01/01 23:04】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
あけましておめでとうございます。

おお、美智子さんって、誰なのだろうかと思いましたよv-21

そういえば、美智子さんに教えていた歌人が「歌の才能が豊かだ」と話したということを、聞いたことがあります。
ひとりの人として、ふかく相手を思いやる心をもった人なのだなあと、感じさせるお歌ですねv-22
【2010/01/02 02:02】 URL | #-[ 編集] | page top↑

ラマーレです(笑)
【2010/01/02 02:06】 URL | ラマーレ #-[ 編集] | page top↑
中国雲南省から初めて登場します
 ねこさんのブログに初めてお伺いします。新年快楽。おめでとうございます。コメントが多いのでびっくりしています。(多いのは、新年だからでしょうか。短歌が上手いからでしょうか。人徳でしょうか)
 僕も以前、元旦に新聞に載ったか、歌会始か、の皇族がたの和歌みたいなへたな短歌が並んでいる中で、彼女の短歌だけが現代短歌として通用する、そして、うまい短歌でもあると感じたことを思い出しました。特に、皇族の誰かを褒めようとも思って生きていませんが、以前に経験した事実です。多分、岡野さんや、それ以前の(釈さん、等の?違っていたらすみません)が、しっかり指導されたのと、本人のもつ文学的素養と短歌の才能なのでしょうね。4月にみなさんにお会いできることを楽しみにしています。
 
【2010/01/02 18:06】 URL | 山寺修象 #-[ 編集] | page top↑
禰子ちゃん、あけましておめでとうございます。
今年はさらに飛躍の年になられますようにお祈りしています。

美智子さん!の歌、私も好きです。
お人柄は詳しく知らないのですけれど、さださんのコンサート等でお目にかかる美智子さんの立ち振る舞いがとても素敵で憧れます。
最後の大和撫子かも。
【2010/01/03 16:19】 URL | 佐山みはる #tHX44QXM[ 編集] | page top↑
遅ればせながら
■tamayaさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

いいでしょう、いいでしょう(^-^)
できれば、またそのお歌わかったら教えてくださいね。

>実名では無理でしょうがペンネームで結社に入ったりされてもいいのでは? え? もうすでに・・・・??

んなアホな。
といいつつ、ウィキで美智子さんを見ると、
「宮内庁職員組合文化祭には白木華子(=白樺子→シラカバ)の名前でひそかに手芸作品を出品したことがある。その時、紀宮清子内親王も「川瀬美子(かわせ・みこ→カワセミ)」の名前で出品している。」
とあり、ちょっと笑っちゃいました。
というわけで、それっぽい名が短歌人にないかチェーック!

■ラマーレさん

あけましておめでとうございます。(すぐわかりましたよ、ラマーレさんって ^-^)

そうですよね、【ひとりの人】として。
歌って、そういうところで詠うものですものね。
今年もよろしくお願いします。

■山寺さん

雲南省からはるばるありがとうございます(^-^)
あけましておめでとうございます。
忘年歌会たのしかったですね!
変人の山寺さんに変人と言われたので、私は普通人だと確信しました(なーんてね、笑)。
今年もよろしくお願いします。

ほんとに美智子さんの歌は現代短歌ですよね。
皇族にしておくのがもったいないって(笑)。
せっかくの才能を歌会始なんかだけでなく、どんどんひろめてほしいところです。
(せめて他の親族にも影響がいきわたればええんですがねぇぇ)

■みはるさん

あけましておめでとうございます。

やっぱり、みなさんいいと思ってたんだー、とうれしくなります。
そっか、私はナマ美智子さんは拝見したことありませんが、実際に近くに居た人などからそのようなこと聞いたことがあります。

今年もよろしくお願いします。
【2010/01/03 20:22】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/480-d3edaf5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |