日曜日は短歌人関西歌会で大阪は上本町に。

上本町(うえほんまち)という場所はなかなか面白い場所で、
北向きの地図の上にいると思って考えると、
右が鶴橋、
左が難波、 
下が天王寺、
上が大阪城(難波宮跡、そのすぐ上は天満)、、、
しかも、そのどこへも徒歩で行ける、
地味派手な場所。
昔々そのむかし、高校生のころにあった近鉄劇場に一度だけオペラ座の怪人を観に行って
(女子高生10人くらいで。セーラー服のままだったか?既に記憶はベールどころか…)
それっきり、つい3年程前までは、ほとんど足を踏み入れたことがなかった。
それが、それなのに、いつの間にか、日々の暮らしの中にこの街がなんとなくいつもいる。
おそらく、大阪の中でもとびきりに古い地層なので、
私のだーいすきな地霊もさぞかしわんさかいることだろう。
ちなみにここを真直ぐ東へ進めば、暗越奈良街道に合流します。


歌会は18名。
詠草が送られてきて一読したときは、それほど惹かれる歌がなかったのだけど、
読んでいき、人の話を聞いていくうちに自分の読みも深くなるところが歌会のいいところ。
ただし、基本的に「書かれていない裏」について想像をめぐらせすぎることは、
単なる妄想なので自粛したいところ。
あまりに物語を作ってしまうことは作者への敬意も疑われることになる(と私は思う)。
…と、別にそんな過度の妄想歌評をする人もなく、頭でっかちな評になりすぎることもなく、
わりあいバランスの取れた歌会だと思う。

あ、そして今回は新しくカテゴライズされた人たちが。
「は行ふぇち」(^-^)
ハ行をこよなく愛する人たち。
公言しなかったものの、私もは行ふぇち。
とくに「ふ」フェチですねー。


と、とりとめのないことを延々。



詠草一首

人間の業はウ音便に憑依して逢うてと逢ひてに隔たりがある   禰子


20100131_144602.jpg

20100131_144613.jpg

うーん、しばし絶句のせんとくん。
そして…
「はじまりの奈良、めぐる感動」ってキャッチフレーズ、七・七の十四字詩なのでしょうか…。

【2010/02/09 01:10】 | 歌会・その他短歌 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<002:暇 (勺 禰子) | ホーム | 001:春 (勺 禰子)>>
コメント
は行フェチとハグを広めませう。
【2010/02/09 13:15】 URL | 文 #oL3vnBpM[ 編集] | page top↑
せんとくん
せんとくんにも見慣れてしまいました。はじめは違和感ありありだったのですが。

十四字詩は自分で作るとどういうわけか気持ちが沈んでいきます。もっと明るくせねばならないのですが。
【2010/02/09 18:47】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
う~む、今年こういうモードの奈良へ行ったものかどうか、深く深く考へておりまする。
いつだったか、奈良公園で奇ッ怪な博覧会がありましたよね。あの時は即断で敬遠したんですが・・・・
【2010/02/09 19:37】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
あほあほマンだーい。
大阪の市役所府庁役人もあほやけど奈良の市役所か県庁か役人か知らんけどあほやな。底なしやな。大学でとるんやろ、あいつら。大学ってナニ?。

どあっぽちゃんやな。

人柱として、景気いい国あたりに輸出したらどや。

一柱1円くらいやったら、かいよれへんか?。めんたま、こころ、腐り爛れずる剥けとるなー。
【2010/02/10 10:20】 URL | 矢嶋博士 #WGj0Orxo[ 編集] | page top↑
さいきんいっつもまとめてすみません
■文さん

は行ふぇち、某所で思わぬ勘違いがあったので、旧かなだということが上記文章ではわからなかったのか(><)
は行運動せねば。。。

■H.IBAさん

せんとくん確かに見慣れてきた自分がこはい(あ、は行ふぇち)。
十四字詩は確かにくらいこと多い、かも。

■tamayaさん

奈良はいまものすごく不思議なトーンかも。
冷めてるひとも多いから。
どうなるのでせうね、一体。

■ヤッスィ

一握りの人がKYで、そのKYが権力を握っているからね、大抵の構造というのんは。
歌でもさ、出版社でもさ、普通の会社でもさ、電車の中でもさ、スーパーのレジでもさ、そんなもんさ。
【2010/02/13 01:17】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/492-459165c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |