誤ったときは謝りたい
ちょっと息抜きブログです。

ギリシャの国の粉飾決算で何かと物騒な世界経済ですが
(注 いかにも知ってる風な書き方ですが、ちょこっと先生に教えてもらっただけです。
私の経済ネタにどうぞ騙されないようにしてください ^0^)
今度はニューヨークの株取引で誤発注があり相場が大混乱したとか。
参考
人間に限らず、いろんなことで間違いは発生します。
私自身も故意ではなく、間違うこともあります。
そのせいで、第三者に迷惑をかけることだってあるかもしれない。
そのときにその第三者が判明している場合はやはり相手方にはちゃんと謝りたい。
ただでさえ、自分では気付かぬまま、ということはおこりがちであろうから。


というのも、つい先日、
私名義の銀行口座に以前の職場から間違って振り込みをしてしまった旨連絡がありました。
最初は事後報告の文面だったのですが、どうやら私の許可、がないと作業が完了できないそうです。
そうならそうと最初に書いてよ、とつっこみたくなる。
「即座に銀行を通じて訂正させていただきました。」
なんて言われて私にそれ以後作業の必要性を感じろというほうがおかしい。
で、その後、基本的にこちらの煩雑な作業のことをまったく想像できてないと思われるやりとりにうんざり。
はっきり言って私にはこの件に関して、なんら、まったく、1000%落ち度はないわけです。
なのに、メールを読んだり書いたりする時間を取られた挙句に、
印鑑を持って(←私が!です)窓口へ行くという選択肢まで提案してくる無神経さ。
で、この時点でいくら振り込んだかという基本的情報さえ提示せず、
時間がなければ自分で会社の口座へ振り込んでくれとのこと。
「言わずもがなですが手数料は差し引いてください」
って、それも全部調べてこちらで計算して振り込まないといかんのでしょうか。
だいたい、「言わずもがな」ってこういうときお願いする相手に使う言葉なんですか?????

あんまりなのであえてこの場に記録するものです。

謝る、ということは難しいことで、
わたしも基本的に下手なのかもしれませんが、
それでも、その時々に納得できる行動をとれるようにしたいです。
ほんとうにすばらしい反面教師です。
これからの人生、仕事で役立てたいと思う。
また、今回間違って振り込んでしまった場合に「組み戻し」という手続きが存在する、
ということもわかったので(自分で調べた)、勉強になりました。
使わされた時間、せっかくだから知識の習得として利用しなければやっとれん。

NYの誤発注の記事を見て、
つい見苦しい記事を書いてしまいました。

しかし。

人間というのは意外なところで本性が見えます。
というより、どんな細部にもその人が潜んでいるといったほうがいいのかもしれません。
私もこんなに怒りっぽいって見えてしまったし(?)
・・・というか、労働争議的なものに昔から燃えてしまう傾向あり。
前世は一揆首謀者だったのかも・・・。
気をつけたいものです(><)

ていうか、そんなことにうつつを抜かしてる暇ないねんーっ、私。
全然息抜きブログになってへんかった・・・。

さ、買い物に行ってこよ。



---
追記

私はでも、怒りかたが下手みたいです。
きっと前世は、正攻法でがんばって討ち死にした一揆首謀者、です。

もうちょい柔軟に生きなければ・・・
【2010/05/08 18:51】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<5月前半の前半―「蔵番」としての冷泉家― | ホーム | >>
コメント
ずいぶんむかし
ずいぶん昔、銀行の窓口で、私の通帳に300万円ほどが誤記帳されたことがあります。

窓口の女性は平然と、間違いですから消しておきましたと。謝りもせずに。

たまに思い出すといまでも腹が立ちます。追求もせずに引き下がってしまった素直な若い頃の自分と、姿を見て即座に判断した行員に。

怒ること、追求することは、そこそこの熟練、またはいつでも発火してやるぞという態勢が必要なのでしょうが、それはまたしんどいことですからね。




【2010/05/09 08:26】 URL | 矢田野 #-[ 編集] | page top↑
今は僕は怒るエネルギーも無いのですが、禰子さんのお気持ちはわかります。
【2010/05/09 09:59】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
■矢田野さん(お久しぶりです)

さ、さ、さんびゃくまんえんですか!v-282
しっかし、何が起こって、また何が隠蔽されたのでしょう。
矢田野さんを見込んだ人からの軍資金だったかもしれないのにね。
よっぽどおとなしそうな青年だったのではないですか(笑)

>いつでも発火してやるぞ

ほんまですね。。。
「かかつてこんかいとたいがいは思うてる美禰子のやうに強くなけれど」
こんな歌を詠んだ人な割りにブラック会社に対してさえ正攻法でしか闘えないので(><)。
身近でやりとりをみている人はきっとやきもきしていることでせう(申し訳ないことです)。

■H.IBAさん

共感、ありがとうございますi-260お体の具合はどうですか?
みなさんに、ご連絡ができないままでしたが、
このようなことで、前職は退職いたしました(ん?なんか日本語がおかしいけど、、、^-^;)

ほんとうに、一事が万事なのです。
いつも誠意を持って対応してくれている人や会社が今回のようなことを起こすのとはえらいちがいです。
そう思うと、自分の身も引き締まります(最近、規則正しく食べるせいか、少々引き締まらないのですが…ん?)。
【2010/05/09 22:26】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/516-14d1202b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |