やよい連句会
5月4日のことになるが、
初めて「歌仙」なるものを巻くという機会に恵まれた。

昨年、偶然に再会した高校の時の先生(というより、高校の時は直接面識がなかったのだが)に誘っていただき、初夏の陽気の中、懐かしい(と最近言える様になった気がする)堺に出かけた。
俳句・短歌をする人もあるが、ほぼ「連句初体験」という11名で(もちろん私も初)、
先生に最初に連句の歴史について学び、その後作り方について学び、早速実践あるのみ!
とウンウン唸りながら、とりあえず今回は順番に関係なく、思いついた人はどんどん出していく、という方法で提出。
ちなみに、連句とは簡単に説明すると、
575→77→575→77→575・・・と順に36回続けていくちょっとひねりの利いた連想ゲーム
というと簡単すぎる、か。
そのほか、季節によって詠む題材がきまっていたり、
36の句にしてもひとつずつ、何を詠むかが決まっている。
たとえば、今は暦上では初夏なので今回の歌仙は「夏」で
最初(発句=ほっく=これが独立して俳句となった)から順に書くと
◆表六句「夏」「夏」「雑」「雑」「秋の月」「秋」
◆裏十二句「秋」「恋」「恋」「雑」「雑」「雑」「冬の月」「冬」「雑」「雑」「花」「春」
◆名残の表十二句「春」「雑」「雑」「雑」「夏」「夏」「雑」「恋」「恋」「雑」「秋の月」「秋」
◆名残の裏六句「秋」「雑」「雑」「雑」「花」「春」(挙句=あげく=挙句の果てはここから!)
とまぁ、こんな風にきっちりと題を決めつつ(ふえぇ、打つの疲れた><)、
かつ前の句と着かず離れずの連想を持ちつつ、複数人で繋いで一つの作品とします。
表六句とか裏十二句というのは、本来は紙を折って計4頁にわたって連句を書いていくのでその記載位置の ことです。
また、季節は「新年」「春」「夏」「秋」「冬」の5つに分かれています。

詳しくは連句などにあたられたい。

捌き手(進行役)のM先生と、参加者のみなさまから許可を戴きましたので、以下掲載させていただきます。

やよい連句会 歌仙『威風堂々』の巻

◆表六句
 五月空威風堂々鯉泳ぐ   綾子
  なつかしき顔つどう緑陰   直子
 あれこれと弾む話は道逸れて   宏子
  衝動買いにまたも後悔   達弥
 弓張りの矢に射抜かれし虫籠窓   尚美
  土手の草むら蜻蛉飛び交う   健太郎
◆裏十二句
 形而下をひたすらに咲くおみなえし   禰子
  デー トの場所もネット検索   安龍
 何歩目で手をつなごうか帰り路   知春
  秒針だけはつつがなくゆく   禰子
 天井に浮かんで消えるフェニックス   友子
  未来永劫各駅停車   博美
 そそくさとシャッター通り寒の月   安龍
  おひとりさまの鍋はよく売れ   宏子
 減税も子ども手当も間に合わず   博美
  応急処置の耐震工事   安龍
 あでやかに衣(きぬ)一面の花乱舞   綾子
  橋のたもとに揺れる陽炎   尚美

◆名残の表十二句
 若草の堤に犬と寝そべって   友子
  後輩たちの伸び目覚しく   健太郎
 麦茶から麦酒に変わる十年後   禰子
  市民レガッタ光る川波   宏子
 木屋町を歩きたくなるぬるい夜   知春
  我を呼ぶ声聞こえたような   友子
 親しんだコロンの香り思い出す   博美
  お堂に満ちる護摩を焚く煙(けむ)   宏子
 月天心ねぐらに帰る靴の音   安龍
  庭の畑にピーマンの色   健太郎
◆名残の裏六句
 仕事終え猫を追い出し秋刀魚焼く   綾子
  藁しべ長者の藁はこれなり   友子
 これからは人に頼らず生きていく   博美
  絵蝋燭の灯照らす足元   綾子
 環濠の街に流れる花筏   直子
  柳芽吹いて物売りの声   安龍

  2010年5月4日 満尾  於・露廼舎(つゆのや)


いくら題材が決まっていても、直前の句との繋ぎ方、また既に出た言葉を入れないなどのルールがあるのでその緊張感といったら、結構やみつきな感あり。
わたしの基本スタンスはおそらく間違いなく短歌なので、あちこちに手を出すと多分ごちゃごちゃになりそうだけど、短歌を知るためにも、短詩型全体を知るためにも、是非またしてみたいと思います。
【2010/05/16 01:00】 | 歌会・その他短歌 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<009:菜 (勺 禰子) | ホーム | 5月前半の前半―「蔵番」としての冷泉家―>>
コメント
この繋がり。尾も白いな
形而下をひたすらに咲くおみなえし   禰子
  デー トの場所もネット検索   安龍

ネット検索とは、鉄塔鉄尾、形而下の事柄、やったんや。な。

オミナエシは、はたして、形而下に

  咲いて

いるかは、むずかしい。形而下に咲いているのを、【見る】、その【見る】行為の結果の【見え】は、

  形而上に

浮いている。手で触れない。舌で舐められない。匂いは嗅げるか。目をつむれば、消える。
【2010/05/16 20:21】 URL | 矢嶋博士 #WGj0Orxo[ 編集] | page top↑
■矢嶋氏

受・想・行・識亦復如是。舎利子。

浮くためには浮くもの自体が、
触れられない、前提に触れてくるものが、
舐められない、と言えるためには舐めるものが、
嗅ぐために…もちろん鼻が、
瞑るための目が
ある?いや、そもそもないとお釈迦さまは言う。
ゆえに。

言う。
口で???
何を使って言う、ということする?
口じゃない。
ほな、ないのか?なにも。
ある。あるのに、ない。

最初からありもしないもの、形而と?それを上と下に分ける、と。
確かにあるのに、ない、と。

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子

ちょっと面白い。ところへ進みだす?

【2010/05/26 02:34】 URL | 勺 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
言語は、不可能である。

言語は、世界を表すことはできない。

  無限の宇宙

と、漢字を2、平仮名1、漢字2、をならべてみる。
さて、この五つの文字はなにか。「宇宙」というものを

  無限

という語で

  限定

した。だから、無限ということは、考えるのは自由だが、言葉で【それ】を書き表すことは不可能なのだった。

では宇宙は有限の最大のもの、と言いなおせるか?

華厳では、砂粒が全宇宙だ、というぞ。風の粒子さえも。

一即全 全即一。
表面即内 内即表面

われわれには、今、を見えない
おのれの指でさえ、そこからわが網膜にとどくのにある時間がかかり、私が見ている、と思っているものは、
 
  過去の光だ

今存在しているかは、金輪際確認しようがない。そんときゃ左手で右手をつかめ、ってかい。
【2010/05/26 16:15】 URL | 矢嶋博士 #WGj0Orxo[ 編集] | page top↑
■ヤッシ

金輪際とか言うたらどうしようもないでぇ。

未来(と思われる方向)のことがわからんからって、
今思っている気持を「絶対」と言えなかったら、
今の気持は一体どうなるんや。

と言われて目が覚めたことがあります。
それまでは「絶対なんて絶対言えない」と思ってたから。
何を恐れていたのだろうと。
絶対に変わらないものもないし、
絶対に見えているものもないけど、
だから絶対に何もつかめないと言えるのか・・・。


宮沢賢治 「春と修羅・序」

わたくしといふ現象は
假定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといっしょに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち、その電燈は失はれ)

これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鑛質インクをつらね
(すべてわたくしと明滅し
 みんなが同時に感ずるもの)
ここまでたもちつゞけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケッチです

これらについて人や銀河や修羅や海膽は
宇宙塵をたべ、または空気や塩水を呼吸しながら
それぞれ新鮮な本体論もかんがへませうが
それらも畢竟こゝろのひとつの風物です
たゞたしかに記録されたこれらのけしきは
記録されたそのとほりのこのけしきで
それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで
ある程度まではみんなに共通いたします
(すべてがわたくしの中のみんなであるやうに
 みんなのおのおののなかのすべてですから)

けれどもこれら新世代沖積世の
巨大に明るい時間の集積のなかで
正しくうつされた筈のこれらのことばが
わづかその一點にも均しい明暗のうちに
   (あるひは修羅の十億年)
すでにはやくもその組立や質を變じ
しかもわたくしも印刷者も
それを変らないとして感ずることは
傾向としてはあり得ます
けだしわれわれがわれわれの感官や
風景や人物をかんずるやうに
そしてたゞ共通に感ずるだけであるやうに
記録や歴史、あるひは地史といふものも
それのいろいろの論料といっしょに
(因果の時空的制約のもとに)
われわれがかんじてゐるのに過ぎません
おそらくこれから二千年もたったころは
それ相當のちがった地質學が流用され
相當した證據もまた次次過去から現出し
みんなは二千年ぐらゐ前には
青ぞらいっぱいの無色な孔雀が居たとおもひ
新進の大學士たちは気圏のいちばんの上層
きらびやかな氷窒素のあたりから
すてきな化石を發堀したり
あるひは白堊紀砂岩の層面に
透明な人類の巨大な足跡を
発見するかもしれません

すべてこれらの命題は
心象や時間それ自身の性質として
第四次延長のなかで主張されます
【2010/05/28 02:01】 URL | 勺 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
せやせや
■追伸

近所に、
「有限会社 無限」
ちうのんがあるでぇぇ
【2010/05/28 02:18】 URL | 勺 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
エコポイン 本舗提供
>近所に、
>「有限会社 無限」
>ちうのんがあるでぇぇ

参りました、わが、時間空間論、木端微塵なりけりな、
ヤシマヒロシ まだまだ 日暮れて道遠すぎる 感じがいたします、ところ、ウィトゲンシュタイン腰抜かせよってな、ものに、

……ゆきくれて 雨ふりのなか 頼りなる 段ボールこそ びしよ濡れにけりな
……指いれて 釣銭口の 自販機こそ 一銭もあらぬ 空しきゆびさき

そこやッ
まちがいなかッ

エコポイン

売っとるわ。
リポビタン
オロナイン
ポリカイン

より
エコで、効く
【2010/05/28 13:32】 URL | 矢嶋博士 #WGj0Orxo[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/21 19:13】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/519-3b7f1d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |