短歌人 2010年6月号
手に入れるときはサインを離れゆくものには署名をする会者定離

コンビニと言ふくせインフルの略語ゆるせないかなりゆるせない

序説とか序章にいつも縁遠く大抵本論のただ中だ

乗り、越える。二つの動詞を恙無く成さむと来迎図を見て思ふ

選べないことの多さよ決定権あるはずもなく有限を生く

賛否も是非もなく闘ひの連続を生きるほかなき野中広務は

天ぷらがすきです特に紅しやうがそれから冷めた翌朝の茄子

                勺 禰子(しゃく・ねこ)

---
学校のあと、書類を取りに天満まで。
大川と緑がきれいだった。
学校の前も熊野街道。
八軒家浜は熊野街道のスタート地点。
時間があれば、3キロ足らずの道を北上したかったけど、そうもいかないので地下鉄で。
1日が早い。
したいことがいろいろあるのに、あんまし進まず。。。

NEC_0239.jpg NEC_0240.jpg

NEC_0247.jpg

NEC_0246.jpg

NEC_0245.jpg

あんまし、の【し】は大阪弁、なのかな。
【2010/05/28 00:03】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<熱病Ⅱ | ホーム | 012:穏 (勺 禰子)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/524-f173b8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |