短歌人 2010年9月号
大阪駅は上へ横へと継ぎ足されホームで待つてゐるのが怖い

芥川小さき川が受けとめるには過大なる名前の重み

蛇(じゃ)のごとくに名神高速横たはる背景を持ち大山崎は

車窓から竹林を多く認めたり聴竹居(ちょうちっきょ)とふ居を持つ山は

梅田から二十八分揺られるといふほども揺れぬ新快速は

明日君が来ると思へば時間軸すこし揺すりぬ 京都駅にて

                   勺 禰子(しゃく ねこ)

(  )内のルビは短歌人誌では旧かなにしていますが、ここでは新かな遣いとしています。
【2010/08/30 00:05】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<台風 | ホーム | 携帯電話収納袋>>
コメント
整いました
君と言うのわ宇多田ヒカルの歌のやうだとオートマティックに思ふ
【2010/08/30 06:11】 URL | 馳詠二 #-[ 編集] | page top↑
地霊。巫女。
人を呼ぶにはそのものの名前をよぶ。
地を指してそのものを表すには、
地名
を呼ばなければならないか。
全首に記述された固有地名は、地霊を目覚めさせる力を獲得しているか。人霊をも。

全首に句跨がり、論理の前後に絡まる文体がみられる。

勺の悪戦苦闘の痕跡あらはに、感動的である。一筋縄ではゆかない対象に勺は取り組んでいるらしい。

おもしろい。
【2010/09/01 00:33】 URL | 矢嶋博士 #WGj0Orxo[ 編集] | page top↑
■馳さん

君といふは君死にたまふことなかれ君は白身で僕は黄身食ふ

古来きみは使われておりまする。きみ、いふてもいろいろありますねん。宇多田もその末裔、か。

■ヤッシ

サンクス。
たまふり、たましづめ、たます→たましひ
ハ行は何か、サ行は何か。
音す、ときなに揺れる、か。
折口青年のかよひしこの上汐の地のなにか、を、もらひつつ。ピーマンの皮膜のほうが真実が練りこまれてる、やも。だ、が。
【2010/09/01 13:34】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
地霊。巫女。2
そういや
勺が、ビール、お酒入ったときには
巫女ミコ
っぽい目になる出。

勺巫女 シャク・ミコ か。
【2010/09/01 16:03】 URL | 矢嶋博士 #WGj0Orxo[ 編集] | page top↑
■やっし

あんな、去年取材先の飲み会で唐突に言われた一言。
「じぶんなぁ、クシナダヒメに似てるで」
v-17
いや、誰も会ったことないはずですから!

ほんでそのときだったか別のときだったか、言われた一言。
「じぶんなぁ、巫女体質やな」
v-17v-17
体質じゃないですから!

ん?これは体質か。
【2010/09/01 21:18】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑

しやろ
ワシだけやない

勺のうたで
暗がりとうげよりまえ、
おーさかばんば町NHK篇、
もっと前に

通天閣。うれしいか。
あり。

勺は地名のデーモンの訴えを聴き、よおく聞き、ヒトの言葉に、

…トランス

すべしや。英語の、

…trans

は偉大な語幹でぇ、なにかを表すもの、転換するもの、通り抜けるもの…異界へ…という神秘的なもので、

transport
transportation
transfer
transport
transmission
translation

山ほどある。勺は自覚してやるであろう。
ゆえば

折口信夫

は、trans していた。折口信夫を継ぐのではなく、歩いてきたらたまたま交叉した。
そのやうに。
【2010/09/01 23:22】 URL | 矢嶋博士 #-[ 編集] | page top↑
衣替へ。
秋ですな。

自画像 を 入れました

な。ゑ。
【2010/09/02 09:28】 URL | 矢嶋博士 #WGj0Orxo[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/546-14ef40f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |