船場ビルディング ―本町だより―
勤め先の近くには、いわゆる「歴史的建造物」級のものがたくさんあって、
休憩時間にはできるだけウロウロ(そう、文字通りウロウロです)したいと思いつつ、
ここのところの寒さでくじけ気味。

以前から気になっていて、先日ついに内部に侵入してきた
(といっても、不法侵入ではありません!たぶん…入口部分だけだったから…)
船場ビルディング(←詳しくはクリックしてリンク先へ)

船場ビルディング内 船場ビルディング外

なかなかにイイ感じです。
リノベーション長屋に住んで、
外気と変わらぬ室温に耐え忍んでいる(?)わたくしとしましてはw
隙間風など実際的な心配もさることながら、こういう建物もそそられます。
(仕事場はハイテク建物でそれはそれで満足。
自分の持っている鍵の階にしかエレベーターは止まらなかったりするので、
なんやねん、という思いはありますが、それはそれで面白い)

古い商家も挟まって残っています。
三休橋筋の古い商家1

いわゆる「オフィス街」で働いたことがなかったので――しかもこの大大坂をかつては引っぱっていた商売の街で――、まだまだ物珍しさで普段もきょろきょろしてる目が一層キョロキョロしているわたくしですが、人を見ていて思うのは、どんだけ寒くても上着をひっかけないで、カバンも持たないで、ランチに出かける人の多いこと、多いこと。

これは一体どういうわけだろうか。
そして、なぜ私はなんとなくそれに生理的嫌悪感を感じてしまうのか。
あまり深く考えてなかったのだけど、少しわかってきた。

私は必ずコートを着て鞄を持って出かけるけど、
これから慣れたらどうなるかは、ま、正直不明だけれど、
ツッカケで上着を着ず小銭だけ持ってでかける、
というのは効率の面からもすこぶるまっとうな判断ではあると思うけれど、
その、「全部預けちゃってます」感 が、
なんとなく危ういものに感じてしまう理由だと思う。

そこまで信用してしまっていいのか、と。

冬の三休橋筋上の空

何を?って聞かれても答えませんが。


【2010/12/26 18:43】 | ディープ大阪 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<短歌人 2011年1月号 | ホーム | 降誕祭>>
コメント
その人にとったら、その格好で会社への忠誠心を表しているんでしょうね。逆にコートと鞄をいちいち持って出たら「信用でけへんのか」みたいなことになるんでしょう。

宴会で、取り箸を使わないとか、回し飲みするとかで仲間意識を持ってる振りをする・・・・的な。
【2010/12/26 20:08】 URL | 馳 詠二 #-[ 編集] | page top↑
ツッカケでぱたぱた出てきはるんやあ。
彼女らにしたらそこまでが“職場”なんやろうか。
すごいね。
旅館の浴衣でちょっと売店へ・・・とかと同じノリ??
あの辺は年に1~2度くらい行きますが、良い感じに渋い建物がたくさん
あるよね。
道修町一丁目にボンドで有名なコニシの旧社屋があるんだけど、
結構有名らしいです。
数年前にその前で撮った写真を年賀状にしました。

あ!!年賀状書かなーー!
【2010/12/26 21:23】 URL | ゆずみかん #-[ 編集] | page top↑
モダンさと旧い良さと
新旧入り雑じった取り合わせが面白そうな街ですね。大阪のこういう雰囲気は好きです。
【2010/12/26 22:47】 URL | h.iba #-[ 編集] | page top↑
■馳さん

人間というのはややこしいもんですなぁ。
私は超小規模会社なので、つるんで移動するということがなくて本当に良かったです(^0^)

■ゆずみかん

そう、どちらかというと、
「街」ってそんなに信用してええの?と。
外と内との境界線に対する考え方の違いかもしれんね。

コニシボンドの社屋は有名やね。まだ行ってないけど、こんど行ってみよ(^-^)

ね、年賀状…。
>あ!!年賀状書かなーー!

あ!!年賀状買いにいかなーー!
です、とほほ。

■H.IBAさん

この周辺、仕事がないとあまり立ち寄らない場所なので、今までまったくノーマークでした。
この街で、かつてみんなが誇りを持って商売をしてたことがわかります。結構いい街です。
現在の誇りは…まだわかりません(^-^;
ぼちぼちわかってくるかな。
でも、京都でもどこでも、基本的に昔とは何かが変わってしまったのでしょうね。
【2010/12/27 01:02】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/662-5badcaa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |