久しぶりの日記
なにが、ってほどでもないはずなのに、
なんだかバタバタしてしまっていて、
水無月も下旬に入ってしまいましたが、
ようやく、少し気分的に落ち着いてきた、かも。かな。

歌はあんまり詠めていません。
本もあんまり読めていません。
インプットが少ないとアウトプットも少ないし、
アウトプットも少ないとインプット自体も少ない。
要するに上滑ってる感やや、という感じです。

今月は最終日に大きな節目を迎えます。

今まで一度も出たことのなかった大阪を出て、
奈良に。
勺的に言えばつまり、峠を越えます。

不惑直前に、落ち着く、
というのとなかなか縁遠い日々に苦笑しつつ、
それでも、うっすらと道はつながってるわけで、
見えているいろんな道の不思議を、
改めてひとつひとつ思い返しながら、
段ボール箱に大量の本を詰め込み、
なにげなく口ずさんでいた「二人歩記」w
懐かし過ぎて映像貼り付けつつ、
引越し準備に戻ります。

この歌がはやっていたとき私は10歳くらい?
せつなさというものの基本形みたいなものに対する感じ方というのは、
別に経験によるものではないんだよなぁ、という思いのする最近。


【2011/06/20 22:44】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<短歌人 2011年7月号 | ホーム | 解体家屋 ―WEB歌会ノ記より―>>
コメント
引っ越しの成功を祈ります。
作業で大変かと思いますが、お身体にはお気をつけ下さい。
【2011/06/21 06:31】 URL | H.IBA #-[ 編集] | page top↑
雷鳴も生駒の腹も潜(くぐ)りぬけ君はわたしを抱きしめに来る

はつきりとわかる河内へ帰るとき生駒トンネル下り坂なり

というような歌はもう読めなくなるのですねぇ・・・

築七十七年の長屋窓を開けば河内平野の風が過ぎゆく

一度こういう長屋に住んでみたいと思いましたが、まあ、無理でせう・・・・
【2011/06/21 07:52】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
■H.IBAさん

ありがとう。さっき、必要な本をしまってしまった!と思い段ボールを3箱捜索…
ない(汗)。と思ったらその本は野生の勘で使うと思ったのか、
1冊だけ外に出したままでした(><)←その勘があれば、箱開ける前に気付けよ!!

■tamayaさん

うーん、どうなるんでせう。
しかし私は毎日山を潜り抜けて職場へ通うことになりますよってに。。
歌柄が変わる?かにゃ(笑)

こんどの住まいもそれなりに「ええ味」出てますw
【2011/06/22 01:15】 URL | 勺 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
■tamayaさん

それにしても、よくまあそんなにわたくしの歌を引用してくださって・・・うるうる

今度は生駒そのものに鎮座まします←あたしがwのでねぇ・・・
え、そしたら山の神?・・・汗
【2011/06/22 01:18】 URL | 勺 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/697-89291f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |