短歌人 2011年10月号
難波津をこぎいづる船ゆきかひしあたりに聳ゆ咲洲(さきしま)庁舎

今はむかし国際港と思ほえばコスモスクエアとふ名をば肯ふ

しやくさんはあの釈ですかと問はるるに十勺で一合の勺ですとは言へず

コスモスクエア国際交流センターに万葉の雨ごもりじみつつこもる

吾のゐぬ生駒の家に君は来てシャワーを浴びて去ぬとメール来

人工島にも地名の力は残るゆゑ住之江区から生駒山思ふ

蝉の声遠くに聞こゆ爪先に雨じんわりとしみる速度で

                     勺 禰子(しゃく ねこ)


短歌人2011夏季全国集会inコスモスクエア


難波津を漕ぎ出て見れば神さぶる生駒高嶺に雲ぞたなびく(萬葉集巻20/4380)

君があたり見つつも居らむ生駒山雲なたなびき雨は降るとも(萬葉集巻12/3032)

夕さらば潮満ち来なむ住吉(すみのえ)の浅鹿(あさか)の浦に玉藻刈りてな(萬葉集巻2/121)


【2011/09/28 00:51】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<009:寒 (勺 禰子 しゃく・ねこ) | ホーム | 008:下手 (勺 禰子 しゃく・ねこ)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/717-e410bf34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |