定点移動 ―「舟」Vol.19号より―
hune19001.jpg

「定点移動」            勺 禰子

雲ふかき生駒の山に吸はれゆく快速急行出口あやふし

脇腹の穴をいまではうべなひて潜らせてゐる萬葉の山

大和から差し込む朝の陽を浴びて黒猫つやつや線路横歩く

これからは冬のふるへをうつしゆく車窓にときどき浮かぶ河内湖

この地層には記憶あり 人を越え土を越え朝の空気のよどみ

冷え込みは朝の景色を黒タイツ一色にして街路樹は映え

電気予報いつしか消えて暖房は冷房の三倍の消費電力

雨の日も晴れの日もしづかに流れをり市営地下鉄階段の溝を

不義理無沙汰を集めてはやし生活の糧とたはむれ御堂筋ゆく

たはむれに朝放り出し夜になり吾を受け容れる山の腹に入る

スカイツリーより八メートル高ければ生駒山上遊園地の快
勺・上
勺・中
勺・下
勺・最下

子犬呼ぶみたいに君は手を叩く永劫回帰の呪文みたいに

十五夜の全き月の刹那なう。こんどの生もまた赦されず

仮想峠を毎日越えて旅をする嗚呼こんなにも毎日は旅

                        
  しゃく・ねこ/大阪府堺市生まれ、
  二〇〇七年短歌人会入会、二〇一一夏より奈良県生駒市在住。

現代短歌「舟の会」機関誌に3回目の参加。
定点観測というより、最近定点移動しかしていない感じ
がする…けふこのごろ。
【2011/12/05 22:16】 | 歌会・その他短歌 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<しわす | ホーム | 短歌人 2011年12月号>>
コメント
>>スカイツリーより八メートル高ければ生駒山上遊園地の快

この「八メートル」という数字がこの歌の印象を深めていますね。実感を伴う数字の歌。

【2011/12/05 23:12】 URL | H.Iba #-[ 編集] | page top↑
あの頃は大和から難波へ、お山を越えて二日かかりましたのに、今はあっという間ですなあ。しかし、お山に大穴を掘ってそこを通り抜けてしまおうなんて、なんちうどえらいことを考えたもんでせう。おかげで最近はちっとも歩かなくなりました。たまに昔を思い出してお山越えをしたりすると、たちまち足が痛みまするよ。くしゅん。
【2011/12/06 08:03】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
すいません!
コメント、今頃気づくというていたらく(><)

お二方、そうです。
生駒は
生駒は
越えるためにある山です。
【2012/01/24 22:42】 URL | 勺 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/724-1ed60256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |