短歌人 2012年1月号
夕映えの川面 静かに並びゐてそれでも既に駆けだしてゐた

坂道を上り下りする毎日の過ぎゆきて、また寒露も過ぎぬ。

あらみたまさかゆる国の海に来てまた帰りゆく 陸奥の海より

細くない縁と思ふ山麓のゆふやけが闇に変はりゆくとき

半月に照らされパレス温泉は残り湯をいま吐き出だしつつ

惨劇といふはたやすきことならず赤き腹みせ百足死ぬとき

一斗缶下げし男のゆくすゑを誰も忘れて暮るる上町

                     勺 禰子(しゃく・ねこ)

---

2011年、今年もいろんなことがありました。
目に見えた変化も、目に見えぬ変化もあり
変わるということのみが、変わらずにあるということを
改めて感じる次第です。

震災のことについては、
自分は何か語れる立場にいないというスタンスで、
結局きてしまいました。
無責任なことを書いている人たちよりマシ
というわけではまったくなく、
同等に私もまた無責任なのだという自覚はあります。
いつか何か書けるかどうか、それはわかりませんが、
このことについては少しでも自覚を持っていたいと思います。

自分にできる表現の中で考えると、
今年はちょっとした飛躍の年でもありました。
「ささぶね編集工房」という、実体のない「ことば」だけの存在が、
社会の構成員としての存在はともかく、
まがりなりにも手を持ち、足を持ち始めた年であり、
私自身の歌も、文章も、商業誌のかたすみに場所をもらった
(これからの分も含め)、初めての年でありました。
また結社誌に初めて評論、らしきものを書かせていただいた
うれしい年でもありました。

今年はいろんなことがラッキーに動いたという自覚のもとに、
来年はラッキーだけでなく、どう動いていくか
より自覚的に、しかし計算的打算的なのではなく、
あるべきところへ向かってゆきたいと思います。

みなさまには今年も大変お世話になり
ありがとうございました。

来年がそれぞれにとってよいことを見つけられる年でありますように。
どうぞよいお年をお迎えください。

勺 禰子(しゃく・ねこ)

パレス温泉
【2011/12/31 10:27】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<陰暦一月一日 | ホーム | パレス温泉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/727-ddf7e26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |