そのつぶやき 必然につき (?)
ニュースについてひとことつぶやく――という、

最近はありとあらゆる記事に
TwitterやmixiやFacebookのアイコンがちょろんとついていて、
それをクリックしてURLを引用して、
自分の意見を書いたりできる。

わたしもごくたまに利用するし、
あらゆる人に発言権があるのは、悪くない。

しかし。
たいがいのつぶやきは
それ、あんたが言わなあかんことなん?
と突っ込みたくなることが多く、
反対に、自分はいつも
「それ、私が言わなあかんこと?」という自問自答により、
たいていの場合黙っている。

その発言は必然か?

どっからか声がする。

でも、そんなもん考えてるより、
思ったことつぶやいてみる方が、
世の中を動かすことだってあるわけで、
黙ってるよりええかもな、
と思う、こともある。(ん?ほんまにあるかな?w)

今日は昼間、hotmailがつながんなかったので、
twitterでhotmailと検索してみると、
出てきた出てきた。
hotmailがつながらないよーとつぶやいている
あまたの人たち。
あー、やっぱりつながらないんだ
と安心したり(いや、安心するのは早い)、
ニュースよりよっぽど早いなtwitter(何気に定型)
と思ったり、
それはやっぱり「必然」とか
うだうだ考える間もなくつぶやいてくれるおかげで
立派に情報っちゅうもんになっていたりするわけで、

あー。どないやねん、わたし。

という感じです。

けど、やっぱりニュースについて
しこたま引用したあとでも自分の感想を述べるなら、
まだしも必然ちゅうもんがあるような気もするが、
自分が解説したってる(しかもそれ、どっかで聞いたことあんで)
みたいな現象は、どういう必然によるのでせう。
そういうのを見てしまうと、
必然という踏み絵を踏ませてやりたい欲求に
駆られてしまうのであります。
つまり、大阪弁で言うところの
「あんた、どの口がそんなこと言うんや、どの口や、え゛?」
ちゅうやつです。(?ちょっと違うか)
歌会などでも、ときどきある、
「つまらん」とか「理解できません」という、
「で、それ言って何を伝えたいの?」という発言も
根っこは同じように思う。
それでなにものかを顕しめ、伝えることができたのか。え?

誰も言っていないことだから価値がある、わけではないし、
語り尽くされたことだから言う必要がない、わけでもない。
一刀両断でいい気になってるように思える言葉の中にも、
それをまた一言で、しょうもなっ、と思うこちらの心が
凝り固まっているから見えていないものが
あるのかもしれないし。

その言葉の「伝えたい度」は
マスでもそうでなくても、
微妙かつ確実に、相手に伝わって、
不快に思ったり、納得したりするのではないかと。

踏み絵のいうのは、人の前で踏むものではなく、
踏むのか踏まないのか、越えるのか越えないのかは
人知れず踏み絵をだして自分に聞くためのものやと。

以上、ぶつくさアワー
このぶつくさが一番必然ちゃうっちゅーねん!
でした。
【2012/02/15 21:30】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短歌人 2012年3月号 | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/735-27af8a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |