2011年3月11日のこと
昨日2012年の3月10日は、短歌人会の小島熱子さんの歌集
「りんご1/2個」の批評会のために東京は中野へ出かけた。
3月11日、今日に日付が変わるころは、
東京のどこかの道を夜行バスで走っていた。
今朝、難波について帰宅して、
ごはんを食べてから14時半ごろまで寝てしまった。

起きて、顔を洗って、
14時46分、
北東に向かって1分間、黙祷。

この1年、震災にかんする歌はまったく(2首ほど関連はあったが)、
結局詠めなかった。

あまりに距離が離れていたということと、
自分自身のいろいろなめまぐるしさにかまけて、
寄り添えていない自分が、
震災にかんして詠めるはずもなかった。

それとは別に、
ちょっとした心のわだかまりもあった。
備忘録の域をでないので、
ブログにアップするようなことでもないのですが
無自覚であった自分の記録として下記しておきます。

2011年3月11日の地震発生当時、
大阪の某メーカー本社2階で打ち合わせをしていた。
なんだかみしっと音がして、
それから地面がゆらゆらしているような気がして、
窓のサンシェイドがゆれているので、
「地震じゃないでしょうか?」
と、同席していた上司と先方の2人に告げるも、
「風でしょう」とスルーされた。
私は、芸予地震のときの気持ち悪さと似ていたので、
「これはかなり遠くでかなり大きな地震があったに違いない」
とは思ったが、そこで騒いでも仕方ないので、黙っていた。

打ち合わせの後、1階からのぼってきた、
廊下の途中にあったはずの階段がみあたらない。
「防火シャッターが降りたんだ」
と思うが、他2名はまったく気が付ず、
「あれ、どこからのぼってきたっけ」とか言って
結局別の階段を見つけておりたので、
防火シャッターのことは黙っていた。
(私見だがそういう「余計なこと」を言わせない雰囲気が上司にはある)
帰路、いてもたってもいられなくなり、
「ちょっと失礼します」と携帯でニュースを検索。
津波はまだだったが、大地震があったことはわかった。
上司に伝えるも反応はいまいち。話題を変えた。

その日は金曜日、
先ほど打合せをした客先の方と、
夕方、再度待ち合わせをして宴席の予定だった。
全国区の住まいに関わる仕事のため、
「今日は無理なんじゃないでしょうか」
と、上司に言ってみるも、
「大阪なんだし、大丈夫じゃないの」という。

結局、先方は情報収集やHPの更新など大変だったようだが、
仕事を切り上げて、宴席に来てくれた。。。
宴席の途中もトイレで携帯のニュースを見て、
気になって仕方なかったが、終わったのが23時…。
疲れ果てて帰る。
そしてはっきりと惨状を知る。

やはり私はもう少し強く、
その日の宴席はキャンセルにするべきですと
言うべきだったと今では思う。
「余計なこと」だったとしても。
その後全国を吹き荒れた「自粛」とは全く違う、
その日、その時、そんなことをしている場合ではなかった、
という意味で。

翌土曜日から38℃の熱が出て、
結局日曜日もずっと臥せっていた。
出勤記録を見ると、月曜日にはちゃんと出勤している。
なぜあんなに熱が出たのかは、いまだに不明。

そんな1年前を思い出しながら、
「言うべきだった」と思うくらいしか能がないのだが、
たとえ直接支援という形ではないにせよ、
震災から得た情報をまとめて
自分の身の回りを守ることくらいはきちんとしなければ。

相変わらずの状態ではあるが、
せめてそのていたらくさを
しっかり振り返ること、
そして、自分の立ち位置で、
できることを考えてみる、ことは続けていきたい。
【2012/03/11 23:56】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短歌人 2012年4月号 | ホーム | 生駒あるくみるきく【1】 目立て屋さんの半世紀>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/738-d4aaba71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |