第18回与謝野晶子短歌文学賞
 もう一度みごもりたいと思ふ夜の厨(くりや)に水耕栽培は萌ゆ

                        勺 禰子

来月23日に堺で行われる
「第18回与謝野晶子短歌文学賞」で
篠弘さんに入選で選んでいただきました。
(入選って、いっぱいいるので、
 エントリするほどでもないっちゃないんですが^-^;)

今年は授賞式諸々が堺で行われるということで、
応募したところ、大賞!とはいかなかったのですが、
堺に住む父母はえらい喜んでくれました(^0^;

昨年の逸翁美術館の与謝野晶子短歌コンテストで
永田和宏さんに銅賞で選んでいただいて、
それまではこういうのには興味もなく、
またご縁もなかったのですが、
与謝野晶子は高校の先輩にあたるので、
それなりになにかと(勝手に)ご縁を感じる今日このごろ。

とかいいつつ、実はこの文学賞のこと
去年まで知りませんでした(すみません…)。

女学校出身の方の時代は、
まだまだ晶子のことは「あばずれ女」呼ばわりされていて、
あまり話題に出なかったとか聞いたことがあります。

私が通ってたころも、
沢口靖子はさんざん話題になってましたが、
与謝野晶子はビックネーム過ぎてw
時々、観光で見学にお見えになった方を
中庭の「君死にたもうことなかれ」の碑にお連れするくらい。
でしたねー(よね?)。

でも、高校時代にわたしはひそかに短歌を詠みはじめたので、
(サラダ記念日による!)
やはり高校は短歌とつながっているのでした。



去年の逸翁美術館のは


 おもかげを風にあたへて風の中あゆめば君は深く入り来る



以上、ご報告でした。
【2012/05/31 23:47】 | 歌会・その他短歌 | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
<<父の盃 ―「舟」Vol.20号より― | ホーム | 短歌人 2012年6月号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/746-c19a823d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【2012/06/24 02:44】
【2012/08/07 13:14】
【2012/08/10 17:30】
| ホーム |