短歌人 2012年8月号
たましひを深く抉るといふときの前提にある深さうたがふ

目の前の回送車両に目を凝らしいけないものをさがしてしまふ

押し込まれ進行方向逆向きに立てばいつもと違ふ揺れかた

法螺貝のうなりのやうな音を出し快速列車は横にのみ生く

唐突に車内空調こと切れて朝とは無数の黙(もだ)と気付きぬ

なりゆきに任せば人は左側通行になる心斎橋筋

もう一度みごもりたいと思ふ夜の厨(くりや)に水耕栽培は萌ゆ

                 勺 禰子(しゃく・ねこ)


※先月分アップするのを失念・・・していたのを
 本日9月号が届いて思い出す・・・山麓も今年は暑く夏バテす。。。ねこ
【2012/08/28 23:57】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短歌人 2012年9月号 | ホーム | 題詠blog 008:深(勺 禰子 しゃく・ねこ)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/760-7f71378b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |