困ったときは目をあけて ~釜石小学校校歌~
NHKで放送された
「教育のチカラ 尾木ママ登場 教育は現場で起きている!」
をNHKオンデマンドで視聴。

昨年の大地震の際、釜石小学校の児童たちが
「避難なんかしなくていい」という大人も説き伏せて
みんなで丘に上がって無事だったという、
「釜石の奇跡」と呼ばれた、その行動力を探りに行く
というもの。

「釜石の奇跡」という言葉はなんとなく聞いたことがあったけど、
「奇跡」という時点でなんとなく引いてしまって、ちゃんと見聞していなかった。
すでにいろいろなところで取り上げられていると思いますが、
自分自身の備忘録というか、振り返りたい言葉を下記しておきます。

小学校では常に映像や訓練で地震や津波への備えを怠っていなかったこと、
それだけではなく、普段から児童ひとりひとりが「自分は認められているんだ」
という自己肯定感を持てるよう、否定から入るのではなく
認めるという取り組みをしているということなどが語られていた。

そして一番説得力があったのが釜石小学校の校歌。
毎朝この歌を唄うというこどもたちは、なんとなく幸せだなぁと思った。
私も毎朝唄ってみたくなった。
ことばはことばでしかないかもしれないけれど、
ことばは体にみなぎる、とやっぱり思う。


『市立釜石小学校校歌』

作詞 : 井上ひさし

いきいき生きる いきいき生きる
ひとりで立って まっすぐ生きる
困ったときは 目をあけて
星を目当てに まっすぐ生きる
息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す
びくびくせずに はっきり話す
困ったときは あわてずに
人間について よく考える
考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ
まことの知恵を しっかりつかむ
困ったときは 手を出して
ともだちの手を しっかりつかむ
手と手をつないで しっかり生きる

※音曲はYOUTUBEなどで出てくると思います。
【2012/11/04 09:36】 | 日々雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<題詠blog 014:偉(勺 禰子 しゃく・ねこ) | ホーム | 題詠blog 013:逆(勺 禰子 しゃく・ねこ)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/771-07e0a705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |