短歌人 2012年12月号
スマホにて『翁の発生』読み直す長月尽にゆく島のため

台風十七号(ジェラワット)直撃するといふ島に向けて発つ日の伊丹快晴

見おろせばさざなみのごとあんなにも越え難かりし生駒の山は

海上の道のみをゆく折口と思ひしが昭和十一年那覇を飛行機で発つ

嵐の前夜市場本通りで購ひしカーサムーチー分け合ひ食ぶ

はめ殺し窓から涙つぎつぎにあふれる秒速六一メートルの雨

みたされて風もそよがぬ陰(ほと)として緑濃くする斎場御嶽(せいふあうたき)

                                  勺 禰子(しゃく・ねこ)

※『翁の発生』 折口信夫(おりくちしのぶ)

会誌に先を越されてしまひました…どうなる、「首里へ」…
【2012/11/27 23:55】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<短歌人 2013年1月号 | ホーム | 首里へ 2>>
コメント
海上の道のみをゆく折口と思ひしが昭和十一年那覇を飛行機で発つ

これいいねえ。わらったよ。

みたされて風もそよがぬ陰(ほと)として緑濃くする斎場御嶽(せいふあうたき)

これ、上手い。やるじゃん! ねこ、かっこいい!
【2012/11/28 20:25】 URL | 長谷川知哲 #kNNJ8lD6[ 編集] | page top↑
■知哲ちゃん

ありがとう(^-^;;
折口信夫は、柳田國男の影響で沖縄に魅せられるのですが、
柳田といえば『海上の道』を著しており、昔やし、当然船で…と思っていたのでした。
それで、私は自分が最初石垣島に行ったときに、
「海の上のみの水平運動で島へいくのと、
一旦空にあがりまた海へ降りていく現代人とでは、
祖霊神や来訪神に対する感じ方の違いはいかばかりであらうか」
と思ったものです。
それがええ意味で裏切られた!!きゃー!みたいな歌です(笑)。

せいふあうたきはかっこいいとか言われたらちょっと恥ずかしわぁ(笑)。
【2012/11/29 09:27】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/781-97542be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |