生駒トンネル
最初の生駒トンネルができて、
来年で100年です。

ウィキペディア
近鉄奈良線

生駒から石切へ電車に乗っている間は、
重力のことに静かに気持ちを集める。すると、
トンネルは確かな傾斜をもって、下っているのがわかる。
けれどまた、石切から生駒へ向かうとき、
トンネルは最後の方で少し下りになっているように思う。
なので、まだ大阪にいるときに詠んだ、

はっきりとわかる河内へ帰るとき生駒トンネル下り坂なり

は、正確に言うと間違っているのかも(^-^;

基本、大阪平野に向けて下り坂なのだけれど、
トンネルの中にも小さな峠があって、
自分の足でかどうかはともかく、
毎日まいにち何万という人が往き来しているとおもうと
ちょいとは楽しくなる、朝のラッシュアワー。

rps20130619_091521.jpg
【2013/06/19 08:58】 | ディープ奈良 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短歌人 2013年7月号 | ホーム | 005:叫 (勺 禰子)題詠blog2013>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/803-61347c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |