短歌人 2013年8月号
究極の上書きとしてうつされる第六十二回式年遷宮

伊勢神宮公式サイトは触れたがらず鸕野讚良(うののさらら)の記述少なし

国栖人の奏でる歌を思ひつつ敗走の夫妻はブランディングに気づく

現世ではさしづめ女性CEO起死回生の捏造或いは内助の功

正殿などどちらでもいい、遷しても消えないものを見せびらかせて

二十年は良き単位なり忘れたきことも神をも刻みなほして

遷宮し檜のにほふ内宮に上書きなしの参拝したし

                    勺 禰子(しゃく・ねこ)


まあなんというか、ある意味日本最古のブランドですよね…
そして消えないために消す、みたいな。
とどまるために遷す、みたいな。
【2013/07/30 02:29】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短歌人 2013年9月号 | ホーム | 短歌人 2013年7月号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/806-72901eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |