短歌人 2014年4月号 「こはい市役所」
ikomacity.jpg

マンホールに描かれている未来都市 役行者の山とこそ知れ

花街の跡なき坂の汚水用マンホール蓋の夢見る未来

大阪で働き奈良に納税し奈良府民とはむべなる名詞

冬期休暇中に少しづつ天に届け生駒山上遊園地

冬の日に竹干されつつ茶筌の里の交通標語は「む茶筌といて」

殊更に「すこぶる安定」と力説し市長の建たす虎雄病院

言うた覚えのない絶賛が吾の名で載りさうになるこはい市役所

                   勺 禰子(しゃく・ねこ)

生駒市役所から「ライターとしての職能を持つ市民」として
ボランティアで文章チェックを依頼され
どんどん意見出してもらっていいというので
これでもかというほどダメだしをし、
またできるだけ良いものになるように
かなり時間をかけて修正案を出したとある計画書について
完全なる捏造意見が私の名前で出されるところでした。

本当に市役所というのは怖いところです。
下記、「私の文書として市から提案」された文書をそのままコピペ。
----------------------------------------------
市役所が作るこれまでの計画書と違い
専門家でない私たち市民にも読みやすく、
私の知らなかった生駒のことを知ることができる
生駒を紹介するようなすばらしい計画書であると感じました。
----------------------------------------------
はあ???
だいたい「これまでの計画書」ずっと読んでるわけではありませんし
専門用語いっぱいで書き換えたのは私やし
全然読みやすくなかったし誤りも多かったし
申し訳ないけど「私たち市民」として私は頼まれていない。
さらに「いい加減なこと書いたらあきませんよ」とは言いましたが
「すばらしい」なぞと一度たりとも言っていない。
妄想自画自賛もいい加減にしてほしい。
というより、それを私の言葉として勝手に捏造するな!
と再度ここに明言するものであります。

しかも確認するまでボランティアか仕事なのか一切言わず
恐ろしいまでに低姿勢で依頼。
一方で報酬をもらってこれに参加している人(会社)がいるわけです。
それでもまあ、私にお手伝いできることがあればと思って
ボランティアとわかって時間も気力も割いたわけですが
言うたらなんですが、最初にちゃんとした仕事せえよ!
はっきり言って私は尻拭いに最後に登場しただけやんか。
その最後がこういう恩を仇で返すというやり方とは…。
まあ、しこたま抗議して「意見」はもちろん撤回してもらいました。

いい人もいっぱいいらっしゃいますけど
正直、うんざりすることの(方が)多かった
生駒市役所とのお付き合い。しかしまた、
これは個人の資質の問題もさることながら
「市民参加」を謳いすぎるゆえの
構造的な不具合の結果なのではないかということも
なんとなく思ったりするわけです。
そしてあまりにも強引な徳洲会病院建設に対する市長のコメントにも失笑。

以上、歌につけるべきコメントではありませんが
付け加えておきます。
【2014/03/28 22:03】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「修辞しかない」 短歌人2014年4月号 <三角点>より | ホーム | 「日本の民俗をきく」 全3回>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/828-bc7eb587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |