短歌人 2014年7月号 「出雲国―いづものくに―」
執拗に揺さぶりながら存在を問ひくる伯備線特急やくも

高梁川に沿ひ揺れながら北上すをろちのからだを持て余しつつ

有人の改札口で乗車券渡せば甲冑武士が出迎へぬ

「遠路はるばるご苦労でござつた」といたはられ殿おはす松江城へむかひぬ

無秩序と思へるほどに鎹(かすがひ)でつなぎとめられ天守を立たす

形而上的かろやかさに蛙鳴くを録音と思ふ八雲旧居

言の葉のいちばん強い届きやう子が片仮名で書く「パパサマヱ。」

                             勺 禰子(しゃく・ねこ)

仕事と、子(ね)の会の合宿と、また仕事と、
3月からの2か月間で3度、計6日も松江、出雲、平田に通うことに。
今や大阪、奈良につづく第3の故郷めきて
出雲の景色があります(なんちて)。
そして、松江城LOVE♡ いやぁ、城に目覚めた瞬間でした(笑)。

7首目は小泉八雲記念館で見た、息子さん(長男一雄さんだったかな)の手紙。

20140419_135644.jpg 20140419_150748.jpg 20140420_165248_0.jpg 20140419_164701.jpg
【2014/07/01 00:26】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<短歌人 2014年8月号 「大峯奥駈道」 | ホーム | 短歌人 2014年6月号 「奈良公園」>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/07/01 15:50】 | #[ 編集] | page top↑
哲学の徒が詠むと、あの特急やくもは「存在を問ひくる」列車になるんですね。
ひゅう~!

5首目(無秩序と…)は吟行歌会で一票入れた歌でした。多少言葉が足りぬようにも思われるところ、勢いで読ませちゃう迫力あり。^-^/
【2014/07/01 15:57】 URL | tamaya #wMURzdEY[ 編集] | page top↑
■tamayaさん

校正係ありがとうございます^-^;
わたくし、いまだ会員2の精神で?6首と思いこんでおりましたですよ(汗)。
特急やくも、あれだけ「身体は状況に左右されまくる。イデアとかいうている場合ではない」ということを問いまくる電車もあるまいて(笑)。
【2014/07/01 20:32】 URL | 禰子 #xNtCea2Y[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/832-efa7b3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |