短歌人 2014年9月号 「昼過ぎに抗議の灯油被りしを」
雑巾をドーキンと呼ぶ泉州弁の祖母は呼ぶらんアベシンドーと

ここ数年朝ドラは反戦説きしゆゑ騙されさうだつた国営放送だつた

昼過ぎに抗議の灯油被りしを黙殺し終はるニュース7は

水無月尽なにごともなき日本なりニュースウォッチは密約めきて

食ひ下がる接続詞さへ踏み潰す官房長官の眼が死んでゐる

しかし、けれど、ですがとつなぐ国谷キャスターが連れていかれるいつか、既に?

質問には真正面から答へよと育てられしを守らんと思ふ

                            勺 禰子(しゃく・ねこ)

※集団的自衛権に抗議して焼身自殺を図った男性は、
 灯油をかぶるまえに与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」を朗読したとのこと。
 新宿で昼過ぎにあった出来事が夜7時のニュースで一切流されないのが
 今のこの国です。
 その後については東京新聞が報じただけだったようですが、
 そのニュースもWEBでは既に見ることができません。
 こちらに詳しく書かれていたのでリンクを貼らせていただきます。
 「平和な日本好きだった」集団自衛権に抗議の焼身自殺未遂男性
【2014/08/28 13:17】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短歌人 2014年10月号  「的」でねぢれる行く末がある | ホーム | 歩幅あしあと -子の会ノ記 Vol.6より―>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/837-09bc13a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |