短歌人 2017年2月号  式年造替
八年で四度目となる引越しを終へて思ほゆ「引き越す」の意味

奈良がすき奈良はきらひと言へぬままなんとなく少しづつ慣れるといふこと

毀しかた積み上げかたを受け継ぎて春日式年造替終る

忘るることなけれど許されることもなしと思へど、二十年なり

家に場所に執着のなきまま生きてそれでも辿り着くことがある

しあはせにくらしたいなぞとつい思ふ佐保のお山を眼前にして

                         勺 禰子(しゃく・ねこ)

kasuga.jpg
【2017/01/28 00:05】 | 短歌人誌 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<短歌人 2017年3月号  追鶏祭(とりおひさい) | ホーム | 短歌人 2017年1月号  題詠・欠超相当移及厳製>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/869-d37b9937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |