第一歌集を上梓しました『月に射されたままのからだで』
※トップに固定しています。最新投稿は一つ下になります。
 
【こちらからもお求めいただけます】
第一歌集を上梓しました
『月に射されたままのからだで』勺 禰子(しゃく・ねこ)

『月に射されたままのからだで』書影
 
わたくしごとですが、このたび初めて歌集を上梓しました。
本歌集に収めた420首は、私がこの十年の間に目にし、耳にし、触れた、さまざまなものごとの道行きの記憶です。
 
栞文はなんと、「短歌人」編集人の藤原龍一郎さん、そして「塔」選者の江戸雪さんが書いてくださいました。さらに表紙は、幻想絵画・人形作家として著名な山本じんさんが銀筆画「淤能碁呂島(オノゴロシマ)」を特別に提供くださいました。栞文と表紙カバーだけで十分すごいです(笑)。
ぜひ、お手に取っていただけましたら幸いです。勺 禰子
 
◆お求めは、
本ブログの場合は左下のメールフォームから
あるいは、facebookもしくはtwitterのメッセージから
1.お名前
2.ご住所(送り先)
3.メールアドレス
をお知らせください。
 
※2日以内に返信メールを差し上げます。
 3日以内をめどに著者より直接発送いたします
(ゆうメール)。
 
※2日以内に返信の無い場合は、
 エラーの可能性があります。
 恐れ入りますが本ブログのコメント欄に
 お名前・お送り先を記載の上
 「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて、
 送信ボタンを押してください。
 
※著者へ直接ご依頼いただいた方は、
 2,052円(税込)+郵送料300円のところを、
【郵送料込 2,000円】とさせていただきます。
 書籍送付時に振込先案内用紙を同封しますので、
 到着後お振込みをお願いします。
 (ゆうちょ・三菱東京UFJ・住友・みずほ銀行を予定)
 
※お近くの方などで手渡しできる方は1,900円になります。

六花書林さまへも直接注文していただけます。

その他、
honto
Amazon
・仙台丸善アエル店
・ジュンク堂 池袋店
・紀伊国屋書店 新宿本店
・ジュンク堂 新潟店
・丸善&ジュンク 梅田店
・ジュンク堂書店 大阪本店
葉ね文庫(大阪市)
・ジュンク堂 広島駅前店
などにも置いていただいています。

◇強い、と書いてみたけれど、ところどころで見せる罪悪感、
 抑圧された感情、行き場のない哀しみは何だろう。
 (江戸 雪・栞文「純度の高い傷、そして力」より)
 
◇自分が今生きているこの時代を凝視すること、それが
 現代の歌人の使命であることを勺禰子は熟知している。
 (藤原龍一郎・栞文「土地、言葉、時代」より)

◇自選10首
 この師走クリスマス色に彩られほんまにうれしいんか?通天閣
 すひかけのつつじがいきをふきかへしすひかへすやうなくちづけをする
 はじめてのそして最後の夕日浴び解体家屋はからだを開く
 やはらかなはなびらが母である茄子をふふめば吾に充ちるむらさき
 今生に残せるものの少なくてそのときどきの歩幅あし音
 雑巾をドーキンと呼ぶ泉州弁の祖母は呼ぶらんアベシンドーと
 それはまるで治■■■■この歌もいつか誰かに■■■■■■■
 今朝もまだ空爆のない青空で枕を寄せてまた目を閉ぢる
 キーボードに引き裂かれゐし子音母音なつかしみつつ君の名を呼ぶ
 奈良のまちを君とゆくよる日常とハレのあはひを未ださまよひ
 
 
2017年7月24日発行
四六判並製カバー装192頁
定価:本体1900円[税別]
装画/山本じん
装幀/真田幸治
【2017/08/01 03:41】 | 歌会・その他短歌 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 短歌人 2017年8月号  大仏蛍>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/07/23 11:24】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chipoo.blog84.fc2.com/tb.php/875-5ecd84cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |